Browsing Category

ガジェット

一時帰国にwifiレンタルもプリペイドSIMも不要! 全世界共通wifi「Fon」が豪州上陸

一時帰国や海外出張にも便利!レンタルwifiもSimも不要になる画期的なwifiネットワーク フォン・ジャパン株式会社は7月1日、世界規模のWiFiネットワーク企業「Fon」とオーストラリア最大の電気通信事業者「Telstra(テルストラ)とが、オーストラリア国内においてWiFiネットワーク "Telstra Air(テルストラ・エア)” の本格展開を開始すると発表した。 "Telstra Air” のサービスは7月7日から順次開設していくという。 このTelstra…

次回の帰国は遊び倒す!と決めている海外在住者のための日本全国お出かけ情報アプリ4選

パソコンよりもスマホを使う時代における情報アプリ 一般生活者のメディア接触時間において、モバイル(タブレットを含む)がついにパソコンを抜き(下画像参照)、2015年4月21日からは、モバイルフレンドリーのウェブサイトがスマホ対応されていないサイトよりもGoogleのモバイル検索上で優位に立つことを発表するなど、時代はいよいよ「スマホ全盛」となってきた。…

外貨対応の経費清算アプリ「Staple」の使い方 – 海外在住者にも便利な仕事効率アプリ

日本の会社が制作した外貨対応の経費清算アプリ 年度末になると、確定申告の際に経費の計算について厄介な思いをした人も多いことだろう。 また、自営業の人に限らず、会社員の人でも「毎月の経費清算ってホント面倒!」と感じている人は少なくない。 その日その日の内に清算しておけばいいのに、ついつい後回しになるのが経費清算。 それを多くの人が忙しい月末にしようとするから、余計に面倒に感じるのだ。…

ゴールドコーストマラソンのネット申し込み方法完全版ーシニアでも簡単にエントリーできる

ゴールドコーストマラソンはQLD州最大規模のスポーツイベント ゴールドコーストマラソンは約2万人(内日本人は500~1000人程度)の参加者数を誇る、QLD州最大のマラソンイベントとして定着している。近年は、公務員ランナーとして知られる川内優輝選手が参加して話題だ。 これまでにも日本人の著名人・芸能人が多く参加した国際マラソン大会としても知られているこのマラソン大会。 過去には以下のような著名人たちが参加した。 (さらに…)

5SOSの貴重なデビュー前映像も!豪州より先に日本で公式ファンクラブを開設した注目ロックバンドが世界を席巻中!

5SOSとは - 1Dの“サポートアクト”を堂々とこなす超新星 まだ記憶に新しい、英国のボーイズ・ポップ・グループ「ワン・ダイレクション」の日本ツアー。 その千秋楽となる3月1日、2日のさいたまスーパーアリーナで行われた公演で「サポートアクト」を務めたのが、現在、世界中を賑わせている4人組のロックポップバンド「5 Seconds Of Summer(5SOS)」だ。 ※読み方は「ファイブ・セカンズ・オブ・サマー」。「ファイブ・ソス」と略して呼ばれることが多い。…

親子で海外移住したらインストールしたい、3歳~6歳の幼児向け無料知育iPhoneアプリ7選

景気低迷や原発事故を理由に“脱日本”をする人が増加 オーストラリアに限らず、海外に移住する日本人は年を追うごとに増加傾向にある。 中でも長期滞在者および永住者が増えており、年齢層としては30~40歳代の世代が多いようで、それに伴い、学童期の在留邦人子女も増加している。…

人気急上昇中のドローン、飛行および操縦・撮影方法には要注意!

近年、一般人の撮影技術が格段に上がっているという。 その大きな要因としては「GoPro」と呼ばれるウェアラブルカメラの普及に続き、通称「ドローン(Drone)」と呼ばれる、小型無人航空機(ラジコン)の人気の高まりにあると言われている。 ドローンとは、簡単に言えば、カメラを搭載したラジコン・ヘリのような玩具で、誰でも簡単に「空中撮影」ができるようになる優れものだ。…

MLBへの近道となるか!? 野球留学希望者が知っておくべきオーストラリア野球界の実力

日本との交流戦が盛んに行われる"冬季"に注目 日本では「ストーブリーグ」がたけなわとあって、プロ野球選手の契約更改が毎日のようにニュースとなっているが、ここオーストラリアでは、サマーシーズンが中盤を迎えている。 日本と季節が真逆のオーストラリアでは現在、日本の選抜チームとオーストラリア各州・都市などのチームとの親善試合などが盛んに行われており、12月2日からJABAシリーズ…

ワーホリから永住者までオーストラリアに留学・移住したら思い知らされる45のこと

毎年、数多くの留学生が出入国している、留学大国・オーストラリア。 留学生の出身国別の統計では、1番多いのが中国、2番目がインド、3位が韓国、4位がベトナムとなっており、オーストラリアに来る留学生はかなりの割合でアジア人で占めてられていることが分かる。 国籍 入学者数 割合 中国 223,808 29.65% インド 81,081 10.74% 韓国 44,061 5.83% ベトナム 34,341 4.54% タイ 32,777 4.34% マレーシア 30,525…