オーストラリア永住者からこれから海外移住を考える人にまで役立つWebライフスタイルマガジンです。ライフスタイルやファッション、マネーなど厳選された情報を更新中!
Browsing Category

ニュース

日本にかかわりのあるオーストラリアの重要ニュースをセレクトして解説

女性誌CREAが別冊付録でオーストラリア旅行を大特集

新創刊2号目の大型企画でオーストラリア旅行を猛アピール 文藝春秋は3月7日、女性向けライフスタイル誌「CREA」4月号を発売した。 今号では「極上の癒しを求めて オーストラリアへ」と題した、36ページにもおよぶ特大の別冊付録が付くほか、キャセイパシフィック航空ビジネスクラスで行く「オーストラリア往復航空券」やジュリークの「ローズ&プレオーガニックバッグキット」が当たるクイズラリーを開催するなど、オーストラリア政府観光局とタイアップした一大特集を敢行している。

ジェットスターの日本直行便、メルボルン優遇、シドニー無視、ゴールドコースト撤退のその背景

メルボルンー成田の直行便が4月30日より開始 英語圏の国では「Good news and bad news」という表現があるが、メルボルンー東京の直行便路線開通は両国にとって、Good Newsとなるだろう。 ジェットスターは4月30日から成田(東京)を結ぶ直行便路線を開通させる。 在留日本人にとっては、現地と日本を結ぶ直行便の有無は、そのまま「移住したい」か否かにかかわる重大な問題とも言える。…

オーストラリア大熱波で10万匹のコウモリが大量死 – さらに恐ろしい事態になる可能性が判明

観測史上最高の熱波-現時点で世界一熱い国・オーストラリア 北半球の日本では、「厳冬」のニュースが連日報道されるているが、まさに南半球の季節が「真逆」であるというのを知らしめるニュースがオーストラリアで話題となっている。 2014年1月現在、世界で一番熱い国であろうオーストラリア。その中でも記録的な猛暑に見舞われているのが、北東部クイーンズランド州(QLD州: 本サイトの本拠地でもある)だ。…

オシャレすぎる!Apple Storeがブリスベンにニューオープン

ブリスベン市内に待望のアップルストアが誕生 昨年12月の1ヶ月だけで10億ドルの売り上げを記録し、過去最高の売り上げ100億ドル超えを達成した2013年のアップル。 そんなイケイケのアップル社だけに、オーストラリアでの新店舗展開もちょちょいのちょい!と思いきや、ブリスベンのCBD(Central Business District=商業中心地区)の新店舗は、おいそれとはいかなかったようである。

親子で学び、楽しめる学習アプリを学研とゴールドコースト観光局・クイーンズランド州政府観光局がコラボ

ゴールドコーストの観光スポットも分かる学習アプリ 株式会社学研ホールディングス(東京・品川 代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研教育出版(東京・品川 代表取締役社長:中村雅夫)はこのほど、ゴールドコースト観光局・クイーンズランド州政府観光局と共同企画・制作した幼児・小学生向け知育コミックアプリ『ビリーの不思議サイエンス<第2話 伝説のエッグ・ロック>』の配信を開始した。

今をときめくオーストラリアの“2人の小野”をSBSがインタビュー

今をときめく「2人の小野」といえばこのふたり オーストラリアでは、今2人の「Ono」が話題だという。サッカーファンには言わずもがなの小野伸二選手(Aリーグ・ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC)と日本を代表するアーティストであり平和活動家であるオノ・ヨーコさんだ。

クリスマスプレゼントにもおすすめ!思い出カメラ「チェキ」がブーム再燃

デジタル人気の陰でアナログブームが進行中 12月に入り、街もクリスマスムード一色の今日この頃だが、この時期、頭を悩ますのが「クリスマスプレゼント」。 日本であれば、彼氏、彼女がメインのイベントだが、オーストラリアでは家族・親族が一堂に会しプレゼントやカードを交換する家族のための一大行事であり、日本で言うところの「お正月」に近い行事なのだ。…

無印良品オーストラリア第一号、MUJIメルボルン店がオープン

チャドストーンショッピングセンター内に無印良品がオープン 無印良品のオーストラリア第一号店が11月26日、メルボルン市内チャドストーンショッピングセンターにオープンした。25カ国610店舗目となるMUJIのオーストラリア進出は全国紙などでも取り上げられるなど、新たなファストファッション、ファスト雑貨店として注目を浴びそうだ。…

是枝裕和監督のカンヌ受賞作「そして父になる」も上映 – ブリスベン国際映画祭が開幕

世界の最新作がブリスベンに集結! 是枝監督最新作「そして父になる」も上映 QLD州政府などが「ブリスベンを文化都市に!」と声高に上げて生まれた「ブリスベン国際映画祭」も今年で23回目を迎える。今年も40を超える国・地域から182作品が寄せられている。