2016年早々に恥をかきたくない人向け。今年必ずオワコン化するファッション・トレンド7選

移り気の激しいファッションや美容の業界では、早くも2016年のトレンドが話題となっている。

例えば、美容系ポータルサイト「美人部」では、2016年の流行色を「ローズクウォーツとセレニティー」とうたっている。

Sarah-Taviani_avatar
「Style Magazines」の編集者Sarah Taviani氏
また、近年ではインスタグラムの人気から、セレブたちの何気ない投稿から新たな流行が生まれたりするため「トレンド」自体が短命となっているようだ。

そうなると、昨年までちょっとしたブームとなっていたファッションもいつ「ダサい」と思われるかも分からない。

そこで、今回は新年早々ファッションで恥をかきたくない!という人のために、オーストラリアの人気ファッション誌「Style Magazines」編集者サラ・タヴィアーニ氏が断言する「今年必ずオワコン化するファッションのトレンド7選」について紹介する。

銀髪/Grey Hair

日本でも昨年春ごろからブームとなった「銀髪」。有名どころでは若槻千夏さんや本田圭佑さんら各界のファッションリーダーが銀髪にして話題になったりしたが、サラ曰く「X-Menに出てくるストームじゃないんだから。どうせ歳を取れば銀髪になるんだから、わざわざする必要ないでしょ!」とバッサリ。
ちなみに2016年の日本のヘアスタイルのトレンドは水原希子風のブラントカットだそう。


バブルネイル

ぷっくりと盛られた「バブルネイル」は昨夏のトレンドネイルとしてインスタグラムで話題となったが、実際にやった人は少なかったもよう。サラも「もっさりとしてるだけ」と意に介していない様子。一方、2016年のネイルトレンドについては「NPO法人 日本ネイリスト協会」のホームページで確認できるので、そちらもチェック!
日本ネイリスト協会


オンブルヘアー

オンブルヘアー(OMBRE HAIR)とは、分かりやすく言えば、濃淡をつけてグラデーションさせたヘアカラーのことで、2年ほど前からじわじわと人気となったヘアカラー。毛先だけをブリーチすればできる簡単ヘアカラーとしても知られ定番となりつつあるが、サラ曰く「ただのプリン状態と見分けがつかない人もいるし、凡庸なスタイルになりがちよ!」と評価は低いようだ。


オフショルダートップス

@phantasie_fashionが投稿した写真

昨年の夏にちょっとセクシーなアイテムとして人気を博したのが「オフショルダートップス」。「鎖骨美人」なる言葉も生まれたが、 首筋から鎖骨、肩までのラインが美しくないと、フェミニンな感じにならないというのがサラの見立て。そんなことよりも二の腕が気になる人が多いみたいなので、今年は却下!という。


メンズ用お団子ヘア・ウィッグ

早い話、日本では流行った形跡のない「CLIP-ON MAN BUNS(メンズ用お団子ヘア・ウィッグ)」。サラも「男のウィッグなんて、トランプさん(次期米大統領候補)くらいしか話題になってないし」と苦笑するのみ。まぁ日本人男子ではほとんど見たことのないスタイル。


あごひげ

NYのヒップスター(hipster:流行に敏感な人)の間で流行ったあごひげ。「流行に左右されない自分のスタイルを貫く男たちのスタイル」として話題になったそうだが、「それ自体が流行に流されてるし!」という強烈なサラのツッコミが入れられている。加えてオーストラリアらしく「お前はネッド・ケリーか」とまったくもってオススメしていない様子。まぁ、こちらも日本人男子は誰もやっていないか。


グリッター・ルーツ

Beauty Is A Religionさん(@craftymakeuplooks)が投稿した写真 –

髪の毛の根元、生え際をグリッターでラメラメにするこのスタイルは、昨秋VOGUE誌がハロウィン向けのパーティーヘアとして紹介し人気に火がついた最新ヘアトレンド。とはいえ、クリスマスも終わり、今となっては「こんなのただのフケだろ!フケ!」とサラの酷評がこだましている。


やっぱりトレンドチェックは雑誌が頼りになりますね♪

You might also like More from author

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.