俳優・柴俊夫さんのオーストラリア勲章受章で注目されるオーストラリアに縁のある芸能人たち

俳優・柴俊夫さんが「オーストラリア勲章」を受章

オーストラリア政府観光局は2月18日、オーストラリアPR大使に任命している俳優の柴俊夫さんにオーストラリア勲章(名誉勲章メンバー)を授与した。

オーストラリア勲章は、個人の顕著な功績や奉仕を称える栄典制度で、オーストラリア国民またはオーストラリア国民以外の人に授与されるもの。柴俊夫さんは日豪交流や観光PR活動への多大なる貢献を称えられ、受章することになった。

柴さんは、旅番組でオーストラリアを訪れたことをきっかけに、オーストラリアの魅力にはまったという。過去30年間にわたってプライベートで毎年オーストラリアを訪れており、オーストラリア好きが高じて、2008年には、非営利のボランティア組織「クラブオーストラリア」を設立した。

同クラブでは交流イベントのほか、VIC州山火事復興支援(2009年)など、日本とオーストラリアを結ぶ活動を行ってきた。さらに、2012年には、オーストラリア政府観光局によってオーストラリアPR大使に任命され、オーストラリアの魅力を同クラブのFacebookページなどを通じて発信している。

そんな柴さんが主宰する「クラブオーストラリア」の活動は以下のFacebookページから確認してみよう。

芸能人・著名人を魅了し続けてきたオーストラリア

さて、芸能人×海外=ハワイという公式が一般的と思われているが、オーストラリアも負けず劣らず、芸能人や著名人が多く滞在している。
ここでは、オーストラリアに「縁」の深い芸能人、著名人を挙げてみる。

オーストラリアに縁のある芸能人・著名人たち

女優・忽那汐里

その定評ある演技で、若手実力派女優としての地位を確立しつつある忽那汐里はシドニー生まれ。今や武井咲、剛力彩芽らと並んでオスカーの看板女優になった。14歳までシドニーで暮らしていたため、英語力はネイティブ並み。


 


 

タレント・明石家さんま

ゴールドコーストに別荘を持ち、年末年始はオーストラリアの別荘で過ごすことが多いといわれているお笑いモンスター。最近は娘・IMALUがブログで別荘リゾート生活の様子を伝えている。


 


 

歌手・和田アキ子

2006年、ゴールドコースト親善大使に選ばれるなど、オーストラリアとの縁に深い芸能界のゴッドねえちゃん。毎年のように訪れるゴールドコーストではゴルフやカジノでリゾート満喫しながら、現地では明石家さんま、坂東英二らと交流を深める機会もしばしば。


 


 

楽天監督・星野仙一

亡き奥様との思い出からゴールドコーストに別荘を持ち続けている星野監督。2013年に楽天を日本一に導いた2014年の正月は、お忍びで選手をゴールドコーストの別荘に招いて自主トレ用に貸していたという。


 


 

体操選手・塚原直也

2004年アテネ五輪で金メダルを獲得し、五輪史上初の「親子で金メダル」という偉業を達成した世界のツカハラ。オーストラリアに留学したのは2009年。その後、2013年4月にオーストラリア国籍を取得し、現在はオーストラリア代表選手としてオリンピック出場を目指している。

 

You might also like More from author

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.