オーストラリア永住者からこれから海外移住を考える人にまで役立つWebライフスタイルマガジンです。ライフスタイルやファッション、マネーなど厳選された情報を更新中!
Browsing Tag

シドニー

注目の新世代歌姫・シドニー出身サラ・オレインがブレイク中!

May J.との歌姫対決を制したシドニー出身の新ディーバ 「2014年最もブレイクした歌姫」と言えば、誰もが紅白歌合戦にも出場した“May J.”を挙げることだろう。 May J.が歌う、映画『アナと雪の女王』の日本版主題歌「Let It Go~ありのままで~」を含むサウンドトラック(松たか子らの歌唱も含む)はアニメ映画のサントラ版として歴代1位の売り上げを記録するなど、2014年のMay J.は、まさに“アナ雪バブル”に乗って、ヴォーカリストとしての地位を確立した。…

塩サバ定食が2500円!?「やよい軒 シドニー店」の料金設定はクレイジーなのか?

日本全国に展開する定食チェーンの「やよい軒」が6月にシドニー店をオープンしてから1ヶ月が経った。 シドニーの一等地に高級志向を前面に押し出した店構えとなっており、「プレミアムな定食屋」という認知的不協和的なコンセプトが、シドニーのビジネスパーソンたちに異彩を放っているという。 レストランレビューサイト「Urbanspoon」では、評価が「3.5星」、「73% Like」となかなかの好評を得ているようだ。

ワン・ダイレクション2015年ワールドツアー全日程速報 。1Dは本当にビートルズを越えられるのか

世界中の“女子”を熱狂させてきた人気ボーイズ・グループ「One Direction(ワン・ダイレクション)」が5月19日、オーストラリア、日本ほかを巡るワールドツアー「On the Road Again Tour」の日程を発表した。現時点で判明しているのは、2015年2月から4月までの9カ国15都市の日程で、日本とオーストラリア公演の日程は以下の

2日目が狙い目!ジャスティン・ティンバーレイク ワールドツアーオーストラリア公演の残席状況が判明

もはやレジェンドの域  ジャスティン・ティンバーレイクの復活劇 2013年3月に新アルバム『20/20 Experience』をリリースしたジャスティン・ティンバーレイクはもはや“レジェンド”の域だ。なにせ、7年ぶりにこのアルバムをリリースしたわけだが、流行の移り変わりが激しい音楽業界の中で「7年」というブランクを跳ね除けるのは並大抵のことではない。 にもかかわらずだ。『20/20 Experience』が、自身の最高記録だった前作の『Future Sex/Love…

移住前にチェック!シドニー近郊の治安の良い街・悪い街

シドニー総領事館「シドニー安全の手引き」を発表 在シドニー日本国総領事館は毎年、在留邦人向け生活安全マニュアル「シドニー安全の手引き」を発行している。「シドニー安全の手引き」は、在留邦人や一般渡航者がシドニーを中心とするNSW州域内において事件・事故に巻き込まれることがないように、留意すべき事項をまとめたもので、定期的に改定されている。…

日本人学校に入学すれば英語力は必要ないのか?

海外移住で気になる子どもの英語力 家族で海外移住するにあたって、特に気になるのが子どもの学校のことだろう。 これまでに、国際的な環境で暮らしていない子どもの場合には、なんと言っても言葉でのコミュニケーションが問題となるので、日本人学校の存在は非常に心強いものだ。

エミネムを見逃すな! EMINEM Australia Tour 2014

エミネムのオーストラリア公演が決定! あのヒップホップ史上最狂のリリシストがオーストラリアに帰ってくる。 EMINEMを今さら解説する必要はないだろう。 とにかく、11月5日にリリースしたニューアルバム「ザ・マーシャル・マザーズLP 2」を引っさげて、エミネムはオーストラリアのスタジアムに舞い降りるのだ。

まだ間に合う? テイラー・スウィフト「The RED Tour Australia」

テイラー・スウィフトがオーストラリアで2公演を開催 もはや女性ナンバー1シンガーソングライターといっても過言ではないテイラー・スウィフト(Taylor Swift)。 カントリー・ミュージックのイメージを一新させ、アメリカのカントリーミュージックの歴史を変えたとも言われる彼女だが、その功績はまだまだこれからも続きそうな気配だ。 11月7日には、新アルバムの構想をTwitterで発表し、2012年の『RED』以来のニューアルバムが来年にはリリースされる期待も出てきた。…

オーストラリア随一の高級住宅街・モスマンの新築物件

シドニーの高級住宅街に新築物件が登場 オーストラリアでもっとも地価が高いといわれるシドニーにあって、一番の高級住宅街と呼ばれるのが「モスマン(mosman)」。昔から閑静な高級住宅街と知られているモスマンには、歴史のある邸宅や豪邸も立ち並び町を散歩するだけでも海外に住んでいることを実感できる。