オーストラリア永住者からこれから海外移住を考える人にまで役立つWebライフスタイルマガジンです。ライフスタイルやファッション、マネーなど厳選された情報を更新中!
Browsing Tag

保存版記事

住宅価格の中央値ほか、オーストラリアで初めて家を買う前に覚えておきたいこと

オーストラリアの永住権または市民権を得た人の多くが「マイホーム」の購入を考えることだろう。 かつて日本では「夢のマイホーム」という言葉もあったが、終身雇用の崩壊や経済の混乱などで今では、「賃貸派」「持ち家派」に分かれるようになった。また、家やマンションを購入する人の中にも投資用として買う人も増えている。 そこで、今回はオーストラリアで初めて家を買うことを考えている人のために、さまざま中央値のデータを紹介する。

人気自撮り&顔認識スタンプ・アプリSNOWの使い方がすぐ分かる!アイコン・機能早見表

SNOW(スノー)やSnapchat(スナップチャット)など最近のカメラ・アプリは自撮り機能に加えて、「顔認識スタンプ」が大人気となっている。「AR」技術を使った「顔認識スタンプ」は若い女性の間で「ウケる!」と大流行中なのだ。 というわけで、今回は人気の自撮り&顔認識スタンプ・アプリの中から特に人気の高い「SNOW(スノー)」の使い方について、初心者でもあっという間に覚えられるアイコンと機能の早見表をお届けする。…

プログラミングが2020年に必修化へ 海外在住および帰国子女の小学生にも影響?豪州で学べるプログラミング教室・教材まとめ

日本および世界各国でIT人材が不足 経済産業省が2016年6月10日に発表した調査結果によれば、情報セキュリティなどに対するニーズの増大やビッグデータ、IoTなどの新しい技術の登場によって、IT人材の不足が浮き彫りになってきているという。 経産省の試算によれば、こうしたIT人材の不足は、2020年に36.9万人、2030年に78.9万人も足りないということになる。 昨今より、日本国内の人材不足は業界内では知られていたが、数字を見る限り、かなり深刻なようだ。…

オーストラリアキャンパスを持つクラーク記念国際高校、甲子園出場で一気に知名度アップか

第98回全国高校野球選手権は8月7日から21日まで阪神甲子園球場で開催される。 夏の風物詩として、人気の高い高校野球は年々入場者数が増加しており、昨年は過去最高の862,000人が観戦に訪れた。 誕生から101年が過ぎても衰えぬこの人気ぶりは、世界のアマチュアスポーツでも非常に珍しい存在だと言われている。 例えば、人気を2分するサッカーと比較すると、 「全国高校サッカー選手権」では、昨年の1日の最高動員数が5万4000人だったのに対し、…

アップルペイの使い方と登録方法を詳しく図解。

日本でも2016年10月にサービスがスタートしたiPhoneによる電子決済サービス「Apple Pay(アップルペイ)」。 オーストラリアでは、オーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行が同4月28日、オーストラリアの金融機関で初めて「アップルペイ(Apple Pay)」の提供をスタートさせている。 アップルペイとはアップル社が米国などでスタートさせた電子決済サービスで、オーストラリアでは「iPhone6」以上または「Apple…

コールス、ウールワースを抑えアルディが豪州で人気No.1スーパーマーケットに選ばれたその理由とは?

オーストラリアにあるスーパーマーケット・チェーンは4つ覚えておけばよいと言われている。 1つがウールワース、2つ目がコールス、3つ目がアルディ、4番手にIGAといった具合だ。 この4つがオーストラリアのスーパーマーケット四天王というわけだが、例えば、オーストラリアに移住してきた人や観光で訪れた人に一番オススメなのはどのスーパーマーケットなのか? 消費者リサーチ会社「Canstar Blue」の調査では、8部門において4部門でトップ評価されたのは「アルディ(ALDI)」だった。…

移住前にチェック!ブリスベン近郊の治安の良い街・悪い街

留学先として人気上昇中のブリスベン 在ブリスベン日本国総領事館は4月20日、21日の2日間、ゴールドコーストおよびブリスベンで「学生・ワーキングホリデー滞在者に向けた安全関連セミナー」と題したセミナーを行う。参加費はともに無料。 学生ビザまたはワーキングホリデー・ビザを持つ、豪州長期滞在予定者を対象としたセミナーで、日本人が被害に遭った過去の犯罪事例やその傾向、犯罪を防止するための心構えなどについて具体的な方策を教えてくれる。…

いじめの被害者にも加害者にもならないための教え方をシドニーの少年のケースから学ぼう

その多くが「自殺」というショッキングな結末として報じられることから、国際的に比較しても深刻だと言われる日本の「いじめ」。 しかし、実際のところ「世界のいじめ」はもっと深刻だ。 ユニセフの調べでは、世界の13歳から15歳の3人に1人以上が日常的にいじめに遭っている。 アメリカでは7分に1人の割合でいじめが発生しており、毎年16万人がいじめによって不登校となっている。 そしてそのストレスは時に、銃乱射による大量殺人事件として最悪の結末を迎えることさえある。…

非通知着信拒否ができないオーストラリアのキャリアでiPhoneを非通知着信拒否設定するには?

まずは以下の写真を見ていただきたい。 これは最近の筆者の着信履歴だが、平日の2日に1回非通知着信が来ている。 これがもう3か月ほど続いている。 何度か電話に出てしまったことが運の尽きだった。 とりあえずセールの電話だったので、英語が分からないふりをして会話を遮ったのだが、それからほぼ毎日のように電話をかけてくる。 最初はセールスではない仕事関連の電話かと思って、出ていたのだが、毎回同じなので、これはひっかかてしまったと思い、自分のキャリアであるVodafone…

花粉症にめっちゃ効く!抗ヒスタミン薬「ジルテック」は日本に持って帰れるのか?など豪州の花粉症対策について

日本では3月ごろになると、世間の話題は「花粉症」一色になるといわれるくらい、国民的なアレルギー症状である「花粉症」。 花粉症の人口は日本では4人に1人(約3300万人)とも言われ、冬から春にかけての季節は、街中にマスクをする人が目立つようになる。 そんな中、日本では卒業や新学期などを控え、オーストラリアに留学する人の数も増加する季節となるわけだが、花粉症を持っている人にとって気になるのは、「オーストラリアにも花粉症ってあるの?」というところだろう。…