オーストラリア永住者からこれから海外移住を考える人にまで役立つWebライフスタイルマガジンです。ライフスタイルやファッション、マネーなど厳選された情報を更新中!
Browsing Tag

保存版記事

花粉症にめっちゃ効く!抗ヒスタミン薬「ジルテック」は日本に持って帰れるのか?など豪州の花粉症対策について

日本では3月ごろになると、世間の話題は「花粉症」一色になるといわれるくらい、国民的なアレルギー症状である「花粉症」。 花粉症の人口は日本では4人に1人(約3300万人)とも言われ、冬から春にかけての季節は、街中にマスクをする人が目立つようになる。 そんな中、日本では卒業や新学期などを控え、オーストラリアに留学する人の数も増加する季節となるわけだが、花粉症を持っている人にとって気になるのは、「オーストラリアにも花粉症ってあるの?」というところだろう。…

豪州退職年金(スーパーアニュエーション)の平均貯蓄額を年齢別で表にしてみた

日本の年金機構が破たんしていると言われて久しいが、どういう状態にあるかについて知っている人はあまり多くないようだ。 これは学習院大学の鈴木亘教授による試算だが、それによれば厚生年金の積立金が2033年、国民年金の積立金が2037年に枯渇するのだという。

妻・夫の浮気を助長する!? 海外のソーシャル・アプリでプライバシーを保護しよう

2016年初めに起きた「ベッキーの不倫騒動」がいまだ冷めやらない昨今。 この騒動の一番怖かったところは、何といっても不倫中のベッキーとゲス川谷のLINEのやりとりが流出してしまったこと。 スマートフォンを使う人にとってプライバシー保護の重要性については、今さらここで書く必要もないだろう。

シドニー、メルボルン、ブリスベンほかオーストラリア主要都市の無料or格安駐車場マップ全公開!

駐車場料金が最も高い都市はブリスベン オーストラリア・クイーンズランド州最大規模のロードサービスおよび自動車保険会社「RACQ」はこのほど、オーストラリア各州の州都における市内駐車料金を発表した。それによればオーストラリアで最も駐車料金が高いのはブリスベンCBDであることが判明した。

移住前にチェック!メルボルン近郊の治安の良い街・悪い街

メルボルン総領事館「安全の手引き」を発行 在メルボルン日本国総領事館は2016年1月、最新の在留邦人向け安全マニュアル「2016年度版安全の手引き」を発表した。「安全の手引き」は、在留邦人や一般渡航者が、同総領事館が管轄するビクトリア州・南オーストラリア州・タスマニア州において事件・事故に巻き込まれないための留意事項をまとめたもので、定期的に改定されている。

オーストラリアの物価はホントに高い?24項目の相場を主要都市と東京とで比べてみた

右肩上がりの物価高 - 日本と比べるとこんな感じ オーストラリアは少なくとも過去10年以上、物価が上昇し続けている。 2008年リーマンショックの際、豪ドルが1ドル=56円まで下がったことがあり、その時だけは日本円を持っている身としては、とても優位に感じていたことがあるが、それ以降はアベノミクスの影響で円安が進み、オーストラリアの物価高を痛感せざるを得なくなったものだ。

癌リスクを3分の1に下げるために今すぐできる13のステップ

癌リスクを下げるための13ステップとは 胆管がんで他界した川島なお美さんや乳がんによって右胸を全摘出した北斗晶さんなど、最近はそこかしこで「癌」に関するニュースが飛び交っている。 日本人の2人に1人が「癌」に罹患するとあって、「癌」はやはり、まだまだ恐ろしい病気ということには違いない。 また、海外移住している人にとっては、日本との食生活や住環境の違いから、知らず知らずに癌リスクを高めている場合もある。…

Gmailで予約送信が簡単にできる「Right inbox for Gmail」がかなり便利

Gmailユーザーは9億人超! Android端末の普及で人気に 今やフリーメールの王者と言えば、断然「Gmail」だ。2015年にはアクティブ・ユーザー数が9億人を超えたというから、まさにフリーメールの王道と言えるわけだが、ユーザーの75%がモバイル(携帯やタブレット)というから、いかにモバイル全盛の時代となったかが分かる。 そんな使い勝手の良いGmailだけに一般用のフリーメールとしてはもちろん、独自ドメインでGmailを運営できるビジネス用の「Google…

海外旅行にぜひ持っておきたいトラベルマネーカードの安心と安全

海外旅行専用のキャッシュカードで海外でお得に買い物 JTB総合研究所によると、海外旅行者数は、2012年に1800万人という過去最高を記録して以降、2014年まで2年連続で減少傾向となった。 これは、2012年12月26日の安倍政権発足以降、「円高」から「円安」へと転じさせた金融緩和政策、いわゆるアベノミクスが1つの要因として考えられる。…