YouTube Kidsが日本でもリリースされ、海外在住者により便利に

YouTubeは5月31日、子ども向けのYouTubeアプリ「YouTube Kids」を日本でリリースした。

米国やオーストラリアでは2015年にリリースされ、これまでに300億回以上の再生回数と週800万人以上のアクティブユーザーがいるという世界的に人気のアプリだ。

YouTube Kidsは子ども向けのコンテンツに限定した動画を検索できるように設計されているアプリ。

保護者が安心して子どもにYouTubeを見せることができるアプリとして多くの保護者がダウンロードしている。

そこで今回は「YouTube Kids」の特徴、インストール方法と使い方について解説する。

YouTube Kidsの特徴

YouTube Kidsには大きく分けて3つの特徴がある。

●子ども向けコンテンツに制限

多くの保護者はタブレットやスマホで子ども向けのコンテンツに限定して見せていることは少ない。そのため、偶然、子どもが閲覧するに適さないコンテンツを見てしまうという可能性が否めない。YouTube Kidsは子ども向けのコンテンツに限定されるので、子どもに有害なコンテンツを見せる可能性が低くなる。。

●子どもを保護するための利用制限が可能

保護者は、スマホやタブレットを子どもに渡しても機能を管理できる。例えば、検索機能をオフにすることで、コンテンツを制限したり、タイマー機能もある。このように機能を制限することで有害コンテンツから子どもを保護する可能性が高まる。

●子どもが自分で使いやすくなるように設計されている

YouTube Kidsでは「アニメ・ドラマ」、「おんがく」、「まなぶ」、「はっけん」の4つのカテゴリに分かれている。そのため、カテゴリ別に動画を子どもでも簡単に検索ができます。アイコンも子どもに見やすく、複雑な機能が省かれているので、小さな子どもでも簡単に操作できます。

YouTube Kidsのインストール

YouTube KidsはiTunesまたはGoogle Playからダウンロードできる。

 
Google Play で手に入れよう

YouTube Kidsの初期設定

YouTube Kidsをインストールしたら、アプリの初期設定を行なう必要がある。
ここでは順序立てて紹介していくのでiPhoneやスマホを見ながら設定していこう(画面はiPhoneでの紹介)

1.インストールしたYouTube Kidsを起動させると、まずは年齢確認があるので、保護者の生まれ年を入力。

2.生まれ年が合っていたら「確定」をタップ。

3.次に、子どもが自分勝手に設定しないようにするために、保護者確認の画面が表示される。ここでは4つの漢数字が表示されるので、それを入力しよう。

4.入力が終わるとYouTube Kidsがスタート。ブロックする機能や有害コンテンツを見つけたら報告できるように促されるでの、一読しておこう。

5.次に、適正コンテンツの選択を行う。ここは「未就学児向け」「学齢児童向け」「すべてのお子様向け」の3タイプからを選ぶ。初期では「すべてのお子様向け」となっているので、小さなお子さんがいる場合は注意したいところ。これは設定後で変更することも可能。

6.次に「検索機能のオン/オフ」を選ぶ。検索をオンにしてもYouTube Kidsのコンテンツ内での検索となるので保護者は安心だ。一方、検索をオフにしていても、お子さんが視聴したコンテンツの内容に基づいた動画が自動的に表示さることになっている。

これで設定は完了となる。さらに細かい設定は右下の鍵アイコンから設定することができる。

保護者のGoogleアカウントでログインするとより便利に

YouTube Kidsでは保護者が自身のGoogleアカウント(Gmailなど)と紐付けておくことで、便利な機能が使えるようになる。ログインの仕方は以下の通り。
1.まずは、右下の鍵アイコンをタップ。

2.設定のアイコンが右下に表示されるので、一番上の「ログイン」をタップ。

3.生まれ年を聞かれるので、さきほどの生まれ年を入力。
続いて、紐付けたいGoogleアカウントを選択します。

4.Gmailの方に4桁の確認コードが送られるので、確認コードを入力すれば設定は完了。

YouTube Kidsで利用時間を制限するには?

YouTube Kidsではお子さんが視聴できる時間を保護者が制限するタイマー機能が付いている。

1.タイマーを設定するには、まず右下の鍵アイコンをタップします。

2.タイマー設定のアクセスのための4つの漢数字を保護者が入力する。

3.次にタイマーの設定画面になるので分数を設定。最大120分。

不適切コンテンツを発見して、動画をブロックするには?

YouTube Kidsではお子さんが見たコンテンツに類似する動画が自動で表示される。これは通常のYouTubeと同じだが、時々、これはあまり見せたくないなと思うコンテンツもあるだろう、そんな時は動画をブロックする。

1.ブロックするには動画のタイトルの右にある縦の「・・・」をタップすると、「このチャンネルをブロック」または「この動画をブロック」という表示が出るので、タップすればOK。

「このチャンネルをブロック」というのは、チャンネル全体をブロックします。「この動画をブロック」というのは、この動画だけをブロックするということを意味しています。

You might also like More from author

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.