海外移住を考えている人向けのライフハック・マガジンです。オーストラリア発の記事がメインですが世界各国の日本人に役立つ情報を更新中!

マンゴーが1個わずか36円! 今が旬のマンゴー、最安値のお店はここだ

10月から1月が最盛期となるオーストラリアのマンゴー

オーストラリアの夏の風物詩とも言える、トロピカルフルーツの王様「マンゴー」。日本でも2000年ごろより全国のスーパーマーケットでも売られるようになり、今や1個10万円もするような高級マンゴーなどが話題になるほど浸透したマンゴーだが、オーストラリアではごくごくポピュラーなフルーツだ。

さて、今年は例年よりもやや涼しい夏を迎えようとしているQLD州(本サイトはQLD州を本拠地としているので、QLD州のネタが多くなりがち)だが、最近になってスーパーマーケットにも大量のマンゴーが入荷されてきている。

この時期になると、市場ではマンゴーの安売りや叩き売りが頻繁に行われるので、マンゴーが好きな人は、やはりオーストラリアの夏、日本の冬に旅行されることをお勧めする。

なんと、マンゴーが1個わずか39セント! ディスカウントフルーツバーンの一面広告

そんなマンゴーの季節到来というこの季節、あまりにも安いマンゴー叩き売りの広告を発見したので紹介する。

その広告とは、ゴールドコーストに住んでいる人ならおなじみの週刊誌「Sun」の11月27日発行号の1面。

なんと1個、39セント(約36円)。これはおそらくオーストラリアでも最安値だろう。しかも、オーストラリアでも人気の高い「ケンジントンプライド種」だ。

この特売を行っているのは、地元では評判の青果店「Discount Fruit Barns」。

ゴールドコースト市内に4店舗あり、一部店舗は24時間営業というオーストラリアでは非常にユニークな青果店だ。

とにかくフルーツや野菜が安く、ウールワースやコールズといった大手スーパーマーケットチェーンで購入するのが馬鹿らしくなるほどだ。

今回の広告では、アシュモア店とサウスポート店での限定特売ということで、12月1日(日)に終了するとのこと。

オーストラリアではマンゴーの箱買いという光景も珍しくないので、マンゴーの大人買いしたい人は、早めにディスカウントフルーツバーンに行こう。

なお、ディスカウントフルーツバーンのアシュモア店&サウスポート店の場所は、姉妹サイト「ビズチズ オーストラリア」で紹介してるので、そちらで確かめよう。

ビズチズ オーストラリア:http://biztizu.com/

アシュモア店:http://biztizu.com/item/discount-fruit-barns-ashmore/

サウスポート店:http://biztizu.com/item/discount-fruit-barns-southport/

激安マンゴーを発見

↑Sun紙の11月27日号。一面が記事ではなく全面広告というのもオーストラリアならではか(実際はページをめくると、もう1つ表紙がある)

 

 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.