在豪日本人にとって最も頼れるオーストラリアの銀行はどこか?

物価高のオーストラリアにおいてオススメの銀行は?

ここ数年、日本で「オーストラリア」に関するトピックと言えば、G20最高レベルとも言われる「物価高」のことばかりだ。先月も「やよい軒」のシドニー店では塩サバ定食が2500円もするという記事がヤフー・トピックスに紹介されたほど、オーストラリアはとにかく物価が高いのである。

そのせいか、日本のメディアでは、やれコーラが360円だ、やれ家賃は東京・銀座並みだなどと書き立てられ、オーストラリア移住を希望している人や長期滞在を計画している人にとっては、マイナス要素ばかりが取りざたされているように思える。

しかし、英語圏の国の中ではトップクラスに治安が良く、シドニーなどの東海岸なら日本との時差もわずか1時間で、世界一住みやすい国ランキングで毎年上位にランクされるオーストラリアは海外移住希望者にとっては、まだまだ捨てがたい国と言える。

そんな中、物価高のオーストラリアで直面するお金のことについて、心強い味方となってくれるのが「銀行」だ。オーストラリアの銀行は外資系を含めても30程度しかなく、4大銀行と呼ばれる「WESTPAC」「NAB」「Commonwealth」「ANZ」の寡占状態とも言われている。

しかし、近年ではインターネット・バンキングが普及し、店舗数の少ない地方銀行でもサービスの拡充が見られるなど、一概に4大銀行に申し込んでおけば良いと言い切れるものでもなくなった。

そこで、独自の視点から日本人にとって最も頼れる銀行を探るべく比較表を作成してみた。銀行のサービスや評価についてはさまざまな指標があるが、特に「日本人にとって」というポイント(例えば、日本人スタッフの有無など)を重視して「4大銀行」を比較してみる。
※一部スマートフォンでは表が見にくい場合があります(PCだときれいに見ることができます)。

オーストラリア4大銀行を日本人視点で評価

※データ改定日:2016年3月14日
※各行のロゴをクリックすると本サイトにジャンプします。
※3万ドルを3年間預金した場合

コモンウェルス銀行
commonwealth
ナショナルオーストラリア銀行
NAB
ウエストパック銀行
Westpac
ANZ銀行
anz
定期預金金利
(3万ドル・3年間)
2.60%2.70%2.65%2.65%
基本的な口座維持費(月額)$4$0$5$5
ATM数(豪州国内)約4000約3400約3000約2600
日本(海外)でのATM手数料$5+3.00%$4$5 $5
日本人カウンターの有無なしなしサーファーズ・パラダイス支店(ゴールドコースト)に日本人スタッフが複数名常駐する専用窓口を設置。サーファーズ・パラダイス支店に日本人カウンターあり
日本支店・出張所の有無東京東京・大阪なし東京・大阪・名古屋
寸評口座数や時価総額で豪州最大手らしいサービス内容。カスタマーサービスの評判は高いが、利率低めで手数料高め。残高に関わらず口座維持費が無料。手数料も概ね低く、お得な銀行を選ぶならここ。個人向け、ビジネス向けに分かれ日本人スタッフが充実。手数料などは高めだが、困った時に日本語で相談しやすい。日本支店が充実し日本からの送金・口座開設に便利。ただし、現地でのカスタマーサービスは低評。

その他の定期預金利率

ここでは、現地のあらゆる比較サイトの情報を基に、4大銀行を除いた優良銀行の定期預金金利を紹介する。
近年、オーストラリアでもインターネット銀行や外資系の銀行の利率が有利となっている。
なお、定期預金を表す「Term Deposit」サービスは、国内外の銀行のほかさまざまな金融機関で申し込むことができる。
※1万ドルを1年間預金した場合
※2016年3月14日改定

順位銀行名利率
1 Qantas Credit Union
ing
3.15%
2RaboDirect
bankwest
3.15%
3P & N Bank
bankwest
3.10%
4People's Choice Credit Union
st geroge
3.10%
5Bank Australia
bendigo bank
3.05%

日本人にとって最も頼れるオーストラリアの銀行は?

さて、銀行選びの指標には、このほかにも各種ローン利率などもあるが、メインバンクを決めるには、長年付き合いやすい銀行を選ぶことが重要となる。

そこで参考にしたいのが、カスタマーサービスの比較サイト「ServiceRage」だ。2012年に立ち上がった口コミサイトで、まだまだ口コミ数は少ないが、的を射たコメントも多く見受けられるので参考になる。銀行のほか保険や電気・水道会社の評価も見ることができる。

ServiceRage

こうしたことも含め、総合的に考えると、オーストラリアに長期滞在または移住・永住者にとって最も頼りがいのある銀行は、日本人従業員が複数在籍し、ATM数なども多く点在し、大手銀行の中では金利が高めという点から鑑みて、「Westpac」が一番バランスが取れているというのが本稿での結論だ。

もちろん、これは一意見なので、自分にあった銀行を探すならば、ローンや金利、カスタマーサービスなどさまざまな角度から考察してから口座を作ると良いだろう。また、日本支店のある銀行も多くあるが、日本支店と現地支店ではサービス内容が大きく異なる場合も多いので、できれば現地の支店に問い合わせるのが正しい情報の入手方法だと言えるので覚えおこう。

You might also like More from author

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.