Select Australia
海外在住者や海外移住予定者向けのライフハック・ブログです。オーストラリア発の記事がメインですが世界各国の日本人に役立つ情報を更新中!

日本・海外でも使えるモバイルWiFiルーター6選 ー コロナ禍の今がお買い得なのはコレ!

コロナ禍で海外旅行や海外出張に行けない時期が続いているが、実はコロナ禍になり、全世界でモバイルWiFiの需要が高まっているという。 これはリモートワークが普及し、WiFi需要が高まったことが主な要因とされている。 しかし、コロナが終息し始めればまたいつもの生活に戻るので、通常2年契約という縛りがある固定回線のWiFiには抵抗があるという人も多いことだろう。…

コロナ禍で複雑化する海外引越しの手順ー2021年度版

長引く新型コロナウイルスの影響からリモートワークが浸透してきた今、住む場所・働く場所を選ばなくてよくなったことから、留学だけではなく、海外移住希望者が急増している。 外務省による統計によれば、2020年に海外在留邦人(永住者+長期滞在者)数は史上最高の140万人を突破、平成元年からの約30年間で82万人増と約2.4倍にも増えた。コロナ禍によって世界各国の入国制限が厳しくなる中で、この数字は非常に突出していると言える。…

少年野球(9歳~16歳)のバットの正しい選び方&買い方 ー海外在住者向け

私事で恐縮ですが、息子がオーストラリアで野球を始めて約5年が経ち、その経験でこの記事を書かせていただいています。 海外在住のお子さんが少年野球を始めた際、バットの選び方が難しすぎるという意見をよく聞きます。 バットの選び方は体格や筋力などによって人それぞれですから仕方ありません。 僕の息子もオーストラリアで野球をしていますが、バット選びは毎回とても時間がかかります。

Amazonギフト券の送り方・使い方を図解。海外在住者へのプレゼントにも最適!

Amazonギフト券が、コロナ禍となった2020年3月以降「非接触型のプレゼント」として、海外在住者の注目を集めています。 2021年1月に2度目の緊急事態宣言が発令されて以降、海外在住者が日本に一時帰国することがしばらく叶わなくなったせいで、オンラインでも贈れるAmazonギフト券のさらなる需要が見込まれています。

コロナ禍でも観光OKな州は?豪州国内の旅行の可能性についてまとめてみた

2020年、世界で猛威をふるい続けている新型コロナウィルス感染症。9月1日時点での合計感染者数は全世界で2500万人以上、日本で6万7000人以上といまだに感染拡大が進んでいる。オーストラリアでもビクトリア州を中心に感染が拡大しており、合計感染者数は2万5000人(内VIC州が約1万9000人)となっている。

デーツはコロナウィルス対策に効く!? 美味しく食べて免疫力UPできるスーパーフード

デーツはコロナウィルス対策に効く!? 美味しく食べて免疫力UPできるスーパーフード 新型コロナウィルスの感染拡大を受けて注目されているのが「免疫力向上」です。 「免活」を始める人にとって始めやすいのは、なんといっても普段からの食生活です。 そんな中、日本でもドライフルーツが注目され始めています。 それはデーツ(Dates)です。 デーツはヤシ科の高木「ナツメヤシ」の実を自然加工したドライフルーツです。…

最安値のガソリン・スタンドを探せるGasBuddyは今が使い時!

最安値のガソリン・スタンドを探せるGasBuddyは今が使い時! ここ数ヶ月、世界のガソリン価格の乱高下が続いている。 例えば、オーストラリア・メルボルンでは、この1ヶ月という短期間で1リットル辺り、約$1.27~$1.64となっている。 ガソリン価格の乱高下と言っても高止まりした上での乱高下と言えるだろう。

ワーホリ・学生がオーストラリアで起業する方法|ABN申請方法と海外フリーランサーのススメ

ワーホリ・学生がオーストラリアで起業する方法|ABN申請方法と海外フリーランサーのススメ 海外で仕事をするとなると、相当な英語力が要求されるということで、 ワーキングホリデー(ワーホリ)や学生としてオーストラリアに滞在している人の多くは、アルバイトで生計を立てています。 ワーホリや学生に人気の仕事といえば、 カフェやレストランでのウェイター/ウェイトレス、ショップ店員、キッチンスタッフ、清掃スタッフなどです。…

今すぐ始められる意外な副業5選ー在宅勤務・テレワークで稼げる!

今すぐ始められる意外な副業5選ー在宅勤務・テレワーク・海外在住者でもきっと稼げる! 2020年(令和2年)、新型コロナウイルスの感染が世界中で猛威をふるった。 同年3月17日現在、世界の新型コロナウイルス感染者数は145の国・地域で17万5530人に達し、うち7007人が亡くなった。 この世界的な感染拡大によって、ドイツ、フランス、スイスなどのEU各国、チリ、アルゼンチンなどの南米、さらには北米のカナダなどが相次いで「国境封鎖」を宣言。…