コールス、ウールワースを抑えアルディが豪州で人気No.1スーパーマーケットに選ばれたその理由とは?

オーストラリアにあるスーパーマーケット・チェーンは4つ覚えておけばよいと言われている。

1つがウールワース、2つ目がコールス、3つ目がアルディ、4番手にIGAといった具合だ。

この4つがオーストラリアのスーパーマーケット四天王というわけだが、例えば、オーストラリアに移住してきた人や観光で訪れた人に一番オススメなのはどのスーパーマーケットなのか?

消費者リサーチ会社「Canstar Blue」の調査では、8部門において4部門でトップ評価されたのは「アルディ(ALDI)」だった。

コールスやウールワースよりもアルディが消費者に支持される理由とは?

Canstar Blue社の発表ではアルディは「満足度」「バリュー」「特価品」「独自ブランドの品質」の4部門で1位に選ばれた。

各部門は5段階評価で評価され、アルディは1年間で全体的な満足度を4ッ星から5ッ星へとランクアップさせ、カスタマーサービスにおいても3ッ星から4ッ星へとレベルアップさせた。

また、2位に選ばれたのがコールス。コールスはカスタマーサービスや価格、特価品の部門で3ッ星から4ッ星へと評価を上げた。

一方、相変わらず不人気なのは「ウールワース」だ。店舗数や商品数では他社をしのぎ、オーストラリア最大のスーパーマーケットとして君臨しているが、最近は販売されたブロッコリーに毒グモが混入されているなど不祥事続きだ。

また、この調査では消費者が普段利用するスーパーマーケットを変える理由は「価格」(23%)と最も高く、品質(15%)や利便性(12%)といった理由を大きく引き離した。

つまり、消費者は価格でスーパーマーケットを決めているということがより鮮明となり、ディスカウント・ストアとして知られる「アルディ」が最も支持されているという形だ。
ちなみに、一般消費者が1回の買い物で買う料金の平均を表にすると以下のようになる。

主要スーパーの買い物かご平均費用
小売店
(n:店舗数)
1バスケット当たり
(特価品を除く)
1バスケット当たり
(特価品を含む)
特価品の割引額
アルディ 独自ブランド (n=18) $87.68 $87.57 $0.11 (<0.5%)
コールス 自社ブランド (n=32) $114.24 $113.75 $0.49 (<0.5%)
ウールワース 自社ブランド (n=32) $119.40 $118.56 $0.84 (1%)
コールス 通所ブランド (n=32) $174.97 $162.56 $12.41 (7%)
ウールワース自社ブランド (n=32) $176.77 $172.16 $4.61 (3%)

さて、そこで今回はオーストラリアの主要スーパーマーケットの横顔について紹介しておくので、参考にしてもらいたい。

アルディ(ALDI)

Aldi Logo
ドイツ発祥のディスカウント・スーパーマーケット・チェーン。世界に約9000店舗以上を展開する、いわゆる「ボックスストア」の最大手。ボックスストアとは配送時の梱包箱のまま店内に陳列することでコストを下げるストアのことで、コストコなどがそれにあたるとされている。オーストラリアでは400店舗以上を構え、高品質の生鮮食品を低価格で提供することをモットーにしている。

コールス(COLES)

Coles-logo

1914年創業という豪州を代表するスーパーマーケットの老舗。カスタマーサービスには昔から定評があり、環境問題にも力を入れている。豪州国内生え抜きのスーパーマーケットして発祥地のメルボルンでは、州立図書館のウェブサイトにコールスの歴史を閲覧できる特設コーナーを設けられている。

アイジーエー(IGA)

IGA_logo

もともとはアメリカ初の独立系スーパーマーケットチェーン「Independent Grocers Alliance」の略称で呼ばれるが、オーストラリアでは地産地消型の供給をモットーとするため「Independent Grocers of Australia」を標榜している。輸入品に頼らず豪州国産にこだわりを見せるため、値段はやや高めだが、地元への貢献度が高く、消費者からの信頼度は高い。

ウールワース(Woolworths)

Woolworths

オーストラリア国内に961店舗を展開する豪州国内最大のスーパーマーケット。「Fresh Food」をモットーに新鮮かつ高品質な食品の提供に力を注いでいる。また、店内に独自のパン工房を持つ店舗も多く、オリジナルブランドの評価も高いとされている。しかし、近年はポイントカードの不備やカスタマーサービスの劣化が多くの消費者の信頼を裏切ったと揶揄され、消費者からの信頼度は低い。


日本の食材はほんと美味しいね!



You might also like More from author

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.