海外移住を考えている人向けのライフハック・マガジンです。オーストラリア発の記事がメインですが世界各国の日本人に役立つ情報を更新中!

ワーホリから永住者までオーストラリアに留学・移住したら思い知らされる45のこと

毎年、数多くの留学生が出入国している、留学大国・オーストラリア。

留学生の出身国別の統計では、1番多いのが中国、2番目がインド、3位が韓国、4位がベトナムとなっており、オーストラリアに来る留学生はかなりの割合でアジア人で占めてられていることが分かる。

国籍入学者数割合
中国223,80829.65%
インド81,08110.74%
韓国44,0615.83%
ベトナム34,3414.54%
タイ32,7774.34%
マレーシア30,5254.05%
ブラジル26,2993.49%
インドネシア26,2553.48%
日本を含めたその他255,66633.88%
合計754,813100.00%

出典:Australian International Education 2012

そんな中、異彩を放っているのが7位のブラジルだ。地理的には、ほぼ“地球の裏側”にあるにも関わらず、隣国のインドネシアよりも留学生が多く、ブラジル人の人気の留学先として定着しているようだ。

amandagoncalvesさて、そんなブラジルの美人留学生ブロガー・アマンダさんがこのほど、「オーストラリアに留学や移住したら思い知らされる45のこと」をQLD州教育省のウェブサイトに掲載。

いわば、「オーストラリア留学あるある」のようなテイストで、

オーストラリアに住んでいる人ならくすっと笑えて、

オーストラリアに来たことのない人ならちょっと驚きの内容となっている。

※ブラジル人の目線だが、通じる部分も多々あるはず!

ワーホリから永住者まで、オーストラリアに留学や移住したら思い知らされる45のこと

1. 窓からの景色が気になって、勉強や仕事に集中できない

45things1

2. 夜中3時に家族からのスカイプで起こされる

2

3. 最低1回はサーフィンに挑戦する

3

4.次の日、「Try」の意味は「めっちゃ痛い」ということを知る

4

5.裸足の人が正常で、靴を履いている自分は異常者だと思う

5

6.初めて「TIM TAM」を食べる

6

7.初めて「ベジマイト」を体験

7

8.盗み食いをしているところをルームメイトに捕ま

8

9.さぼりがちのため、二日酔いのまま出席・出勤

9

10.自動車を運転すると全員が逆走しているように思える

10
※ブラジルは右側通行なんで!

11.なのに最初の週から自動車を運転

11

12.オーストラリア英語の発音に挑戦したらこんな顔に

12

13.初めて声をかけられる時「君ってアレに似てるよね?」と言われる?

13

14.そして、同じ人から37回以上は「で、名前なに?」と聞かれる

14

15.国際恋愛を1回~3回は体験する

15

16.BBQとはソーセージを焼くことなんだ~ということを学ぶ

16

17.こんな写真を撮るはず↓

17

18.そして、自撮りは「カンガルーと一緒!」的な。。。

18

19.さらに、自撮りを300回終えた頃には一度は食べてる「カンガルーのステーキ」

19

20.物価を自国の通貨で換算したらこんな顔に、、、

20

21.オーストラリア人は冷たくて退屈だと思っている人は、完全にその認識が逆転!

21
※陽気なラテンアメリカの人にとってはオーストラリア人も冷たくて退屈な人のように思えるようだ

22.バックパックは使い過ぎでぼろぼろに

22

23.「乾杯!」を5か国語で言えるようになる

23

24.ブラジル人ならではの「5分遅れ行動」がなぜ嫌われるかについて学ぶ

24
※日本人の「10分前行動」をブラジル人に当てはめるとこうなるらしい

25.ラグビーの面白さを理解しようとしても絶対無理!

25
※サッカーなら理解しあえるのにね。

26.「WhatsApp」を使わないので、テキストに戻す羽目に

26

27.話す相手によって毎回キーボード言語を変更させられる

27

28.午後5時以降は、お店開いてないですから~

28

29.最も大切なのは「安い食べ物」を探すってこと

29

30.ママを起こさないように時差を計算しなきゃいけない

30
※日本との時差は1時間です。

31.荷物の重量超過を避けるため、悪夢のような荷造りが待っている

31

32.空港で荷物の重量を図っている時には、すでにこんな感じ↓

32

※観光立国のオーストラリアでは、空港の税関など待ち時間が長いことでも有名

33.「ブラジルから来たの」と挨拶すると「ケツでかねーちゃん」と返事される始末

33

34.「ブラジル料理」は到着1か月後にすぐ解禁!

34
※日本人の和食と同じなんですね

35.パーティーでダンスしている人を見ると笑うしかない

35

36.最大の敵はマグパイなり。襲われたり、起こされたり、盗まれたり

36

37.街をブラブラ歩くだけで、気分はパ~ラダイス♪

37

38.失ったものを取り戻せる、それがオーストラリア

38

39.現在起きているそのストーリーはその場からすぐさま過去となる

39
※楽しい時間が次々にやってくるので!

40.インスタグラムの使い方がやたら上手になる

40

41.ほら、もう日本からアフガンまでさまざまな友達がいるよ!

41

42のネタがが抜けてるぞ!アマンダ!

amandagoncalves

43.「友達のいない人生なんて…orz」と自問自答…なんつって

42

44.誰に話しても信じてもらえないような体験が待っている

43

45.そして、ここにいたら自分の身が破滅してしまうことを知る。だって、ここより良いところなんてないんだもん!

45

記事原文:45 Things Only People who have Studied and Lived in Australia would Understand


アマンダさんのFacebookもチェックしてみよう。


ワーホリはバックパックに思い出と人生を詰める作業です。
シュプリーム Supreme 2017 リュック バックパック メンズ レディース 20L 210D CORDURA RIPSTOP NYLON BACKPACK
シュプリー

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.