2020年までに中小企業が行うべきオフィスのデジタル変革とは?

オーストラリアも日本も地元の経済を支えているのは、いつの世も「中小企業」だ。 中小企業が元気でないと地域の活性化も望めす、ひいては国家経済へも多大な影響を及ぼしかねない。 そんな時代において、企業における「デジタル化」の波はもはや逃れようもないが、日本の企業ではいまだに「ペーパー」を公式に利用しているところが多い。 (さらに…)

プログラミングが2020年に必修化へ 海外在住および帰国子女の小学生にも影響?豪州で学べるプログラミング教室・教材まとめ

日本および世界各国でIT人材が不足 経済産業省が2016年6月10日に発表した調査結果によれば、情報セキュリティなどに対するニーズの増大やビッグデータ、IoTなどの新しい技術の登場によって、IT人材の不足が浮き彫りになってきているという。 経産省の試算によれば、こうしたIT人材の不足は、2020年に36.9万人、2030年に78.9万人も足りないということになる。 昨今より、日本国内の人材不足は業界内では知られていたが、数字を見る限り、かなり深刻なようだ。…

オーストラリアでリオ五輪のライブを全試合中継するiPhoneアプリ

リオ五輪での日本人選手の活躍を見逃さないためにはこのアプリ 2016年8月6日にオープニングセレモニーが行われたリオ五輪。 すでに前日から行われていた男子サッカーでは、日本がナイジェリアに4-5で敗北するなど、日本サポーターにとってはなにかとヤキモキするスタートとなった。 (さらに…)

オーストラリアキャンパスを持つクラーク記念国際高校、甲子園出場で一気に知名度アップか

第98回全国高校野球選手権は8月7日から21日まで阪神甲子園球場で開催される。 夏の風物詩として、人気の高い高校野球は年々入場者数が増加しており、昨年は過去最高の862,000人が観戦に訪れた。 誕生から101年が過ぎても衰えぬこの人気ぶりは、世界のアマチュアスポーツでも非常に珍しい存在だと言われている。 例えば、人気を2分するサッカーと比較すると、 「全国高校サッカー選手権」では、昨年の1日の最高動員数が5万4000人だったのに対し、…

オージーの皆様、「なぜ日本の子供は何でも食べるのに肥満にならないのか?」という疑問にお答えします。

肥満大国・オーストラリア、なんと成人の63%が肥満 「肥満」の定義は明確だ。 日本肥満学会によれば、BMI(Body Mass Index:体格指数=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m))が「22」を適正体重と定めている。 そして、25以上を肥満、18.5以上25未満が普通、18.5未満をやせと判定する。 例えば、身長160cmで体重が50kgの人は、50÷1.6÷1.6=19.53となるので、標準ということになる。 (さらに…)

ポケモンGOの遊び方をめぐって海外でクレイジーなプレイヤーが続出!

話題のゲーム・アプリ「ポケモンGO(Pokemon GO/Pokémon GO)」が現地時間7月6日、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドで配信された。 配信前より話題だったこのゲーム、早速750万ダウンロードを突破し爆発的な人気となっており、販売元の任天堂の株がアメリカで急騰し、時価総額3兆円となるなど、経済ニュースも賑わせているほどだ。 しかし、「ポケモンGO」の人気の影で、世界各地で様々な障害やトラブルが起きているという。…

メガ盛りで超話題のジェラート屋さん「ジャージー・ジャック」の日本進出はあるか?ほか、日本で注目される豪州発のレストラン&カフェまとめ

日本では世界のあらゆる食事を堪能できると言われている通り、世界有数のレストランがこぞって集まっている。 例えば、昨年は『世界のベストレストラン』に計4回も1位に輝いたことのある、 名実ともに世界ナンバー1レストラン「ノーマ」(デンマーク)が東京に期間限定ながら進出して話題となった。 Sachiko Satoさん(@satosachi0705)が投稿した写真 - 2016 5月 12 11:04午後 PDT…

農業ビジネスで豪州に海外進出したい人が知っておくべきQLD州政府の日本人上席商務官

オーストラリアは言わずと知れた農業大国だ。 国土面積の約55%(4億2,500万ヘクタール)が農用地となっており、その広さは米国よりも広く、実に日本の約90倍の広さだという。 ところが、その農用地の約90%は牛や羊など放牧となっている。 これがオーストラリアの名産品といえば「オージービーフ」といわれるゆえんだろう。 しかし、オーストラリアに最も稼ぎを生み出している農産物は実は小麦である。 例えば、讃岐うどんの原材料の多くが豪州産の小麦とブレンドされている。…

保育士、介護士、看護師…注目ケア系職種の年収・給与をオーストラリアと比較してみた

日本の都市圏および保育所の少ない地域で待機児童問題の深刻化が進んでいるという。 待機児童が非常に多い東京・杉並区では公園を保育所にするための住民説明会が行われたが、圧倒的な反対派が参加したことで6時間も議論が紛糾した。 少子化となっているのに、なぜ保育園への入所が難しいのかといえば、もともと保育士が人材不足であることも原因だが、その実、保育士資格を持ちながらも、給与が安いために別の職業に就いている潜在的な人材が多いからだという。 (さらに…)

体罰のある学校とない学校を豪・英・米で比較してみて分かったこと

文科省が昨年末に発表した調査によると、2014年度に「体罰」を理由に懲戒や訓告などの処分を受けた公立学校の教員は952人で、前年度より約3000人も減ったという。 このように日本でも体罰禁止への意識は高まっているが、日本は海外に比べるとまだまだ体罰禁止に対する法の整備などが遅れていると言われている。 では、海外移住や子供の留学を考えている親御さんは、子供が海外の学校に行けば日本よりも体罰への不安は軽減されるのだろうか? 答えは「否」である。 (さらに…)