海外移住を考えている人向けのライフハック・マガジンです。オーストラリア発の記事がメインですが世界各国の日本人に役立つ情報を更新中!

ColesとWoolworths 豪州2大スーパーの仁義なき割引競争。本当にお得なのはどっち?を徹底比較

過去に例のない半額セールの応酬

Coles

Woolworths

オーストラリアで「スーパーマーケット」と言えば、上の写真の通り、赤いロゴでおなじみの「Coles(コールズ)」とグリーンのロゴで知られる「Woolworths(ウールワース)」だ。

営業利益では、ウールワースが小売業1位に君臨し、2位のコールズが追うという構図になっている。

そして、このウールワースvsコールズはこれまでにも幾たびの闘いを繰り広げてきたが、2014年は過去に例のないような「激闘」となっているようだ。

特に、豪州の建国記念日とも言うべき「オーストラリア・デー(1月26日)」に向けたプロモーション合戦で両者は、火に油を注いだように燃え上がり、1月30日現在、過去に例のない「半額セール合戦」をいまだに繰り広げている

ウールワースはオーストラリア・デーに向けて、オーストラリアの“国民食”ともいえるBBQ用のソーセージ(24本入り)を半額で販売し、1週間で1300万本を売り上げた

一方のコールズは、「Down! Down! 」のキャッチフレーズの下、「いつでも安い」をモチーフに、平日でも「半額特化セール」を続行している。

そもそも、この半額セールはコールズのお家芸だった。

woolworths_banner

2012年ごろまでのテレビCMなどを振り返ると、「安さのコールズ」、「新鮮さのウールワース」という明確なキャラ分けが成り立っていたが、2014年に入り、小売業1位のウールワースがこの激安戦争にあえて参画してきた。

これは一体どういうことなのか?

ウールワースとコールズの評価に愕然

オーストラリアの小売業界は、日本の小売業界とは異なり「寡占状態」といえる。日本の場合、イオンやイトーヨーカ堂といった全国規模のチェーン店のほかに、「成城石井」や「スーパー玉出」など、地域独自のスーパーマーケットが幅を利かせている。

しかし、オーストラリアでスーパーマーケットのチェーン店と言えば、幼児でも数えられるほどで、ウールワース(Woolworths -ASX: WOW)、コールズ(Wesfarmers – ASX: WES)という2巨頭に加え、そのほかの上場企業と言えば、IGA(Metcash -ASX: MTS)、コストコ、アルディ(ともに Coca-Cola Amatil’s -ASX :CCL)の5社だけだ。

そして、ウールワースとコールズは豪州国内における店舗数や店舗規模などで圧倒的で、これまではずっと2強の時代が続いていた。

しかし、2013年になって、世界最大の調査会社「ニールセン」が、この2強時代を揺るがす衝撃の調査結果を発表した。その調査とは、この5大小売業者に商品を卸しているサプライヤー(卸業者や農家などの供給元)へのアンケート調査のことだ。

ALDI
iga
Costoco

その中で、「最優秀小売業者」という項目では、なんと64%供給元が「アルディ」を挙げ、最大手のウールワースはわずか7%の支持率しかなかったのだ。また、「関係性が良い」という項目では、アルディ73%、コールズ57%、ウールワース9%と、ウールワースはとにかくサプライヤーからの評判がすこぶる悪いことが露呈した。さらに、「ビジネスにおける専門性の高さ」という項目でも、アルディが1位で86%、コールズ56%、ウールワース36%という結果だ。

これらの結果から、プロの目から見ると、「アルディ」がもっとも評価の高いスーパーマーケットであることが分かる。また、日本でもおなじみの会員制倉庫型ディスカウント・チェーン「コストコ」もオーストラリアに進出して5年が経ち、徐々にではあるがシェアを拡大中で、IGAも独自の戦略で顧客獲得に成功している。

このように、もはや2巨頭の時代は崩れつつある(ただし、この調査結果は供給元の評価であり、消費者の評価ではないという点は念頭に入れておくべきだ)。

この調査結果が発表されたのは2013年の11月。また、コールズは2014年に創業100周年を迎え、1年を通じてオーストラリア国民への還元を目指すとしている。

ウールワースとしては、こうした状況の中から、消費者離れを防ぐために「半額セール」に踏み切ったというのが本音だろう。

つまり、ウーリーは「追い詰められた王者」なのだ。

ウールワースとコールズを徹底比較

とはいえ、アルディの店舗数はコールズやウーリーの半分程度。消費者の大きなムーブメントが起きない限り、ウールワースとコールズの2強時代は変わらないだろう。

そこで、この2大スーパーマーケットを改めて比較してみた。特に、サービス面での違いが大きく現れたので、これからは価格よりもサービス面を重視して、どちらを「マイ・スーパー」にするべきかを考えてみてはいかがだろうか?

ウールワースとコールズの比較表

※データは2014年1月31日現在、すべてQueennslandの一部都市での条件比較
※スマートフォンの場合は横位置にしてご覧ください。

ウールワース


facebook.com/woolworths
コールズ


facebook.com/coles
店舗数

872741(BI-LOを含む)
Facebookファン

590,223人
655,188人
特売商品数

3054商品
ベーカリー:66商品

1667商品
ベーカリー:44商品

半額セール対象商品数
※当日のみ、期間は各店舗によって異なる


196商品10商品
ポイントカードEveryday rewards

●提携店舗: BIG W、BWS、Cellarmastersの計4ブランド
※Qantas Frequent Flyerへのマイルチャージ有り
Flybuys

●提携店舗: Kmart、Target、National Australia Bankなど計22ブランド
デリバリーサービス
※オンラインショッピングのみ
有り
【特徴】注文後、いつごろ配達が届く予定かを知らせるトラック機能あり
Track My Order
有り
【特徴】毎週水曜日に100ドル以上購入すると、配達料金が無料になるキャンペーンを実施中。
通常の配達はこちら
返品などのカスタマーケアの分かりやすさホームページのトップページに明記。
Fresh or Free Guarantee
不明。ホームページ上には「リコール商品情報」を掲載。

オーストラリアのスーパーではエコバッグは必須アイテムです!
41SYnYgit2L. SL160  - ColesとWoolworths 豪州2大スーパーの仁義なき割引競争。本当にお得なのはどっち?を徹底比較
created by Rinker
マーナ (Marna)
¥1,561 (2019/11/14 17:53:45時点 Amazon調べ-詳細)

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.