Select Australia
海外移住を考えている人向けのライフハック・マガジンです。オーストラリア発の記事がメインですが世界各国の日本人に役立つ情報を更新中!
Browsing Category

ライフスタイル

オーストラリアのライフスタイル全般について

コールス、ウールワースを抑えアルディが豪州で人気No.1スーパーマーケットに選ばれたその理由とは?

オーストラリアにあるスーパーマーケット・チェーンは4つ覚えておけばよいと言われている。 1つがウールワース、2つ目がコールス、3つ目がアルディ、4番手にIGAといった具合だ。 この4つがオーストラリアのスーパーマーケット四天王というわけだが、例えば、オーストラリアに移住してきた人や観光で訪れた人に一番オススメなのはどのスーパーマーケットなのか? 消費者リサーチ会社「Canstar…

アマゾンの送料無料終了でプライム会員が増加中!制限無しの音楽・ムービー・写真の使い方。主要送料無料ショッピングサイトとの比較も

アマゾンは4月6日、「Amazon.co.jp」における配送料の改定を行い、購入金額2000円未満の商品の通常配送料が無料から350円(税込)に引き上げられた。 ※書籍およびAmazonギフト券について現在も引き続き送料無料 「送料無料」はアマゾンの魅力のひとつであり、アマゾン利用者からは数多くブーイング聞こえてきそうだ。ただし、この配送料有料化は一般会員に対するもので、「プライム会員」については引き続き送料無料となっている。

適度の飲酒は健康に良いというのは嘘なのか?パースの大学が発表した飲酒と健康に関する研究が話題に

あなたが洗練された人なら、一杯のワインは心臓に良く、ビールは時折、脳の健康に良いということを知っているはずだ。 そう、「酒は百薬の長」。飲みすぎなければ健康に機能することくらい、誰だって知っている。 だから今夜も呑もう!なんて雰囲気に水を差すのが、西オーストラリア州パースにあるカーティン大学だ。

ブリスベンの治安の良い街・悪い街を移住前にチェック!

留学先として人気上昇中のブリスベン ブリスベンは近年、留学先としての人気が高まりつつあり、留学情報誌「留学ジャーナル」の人気留学都市ランキングでもベスト5に入り、シドニーやメルボルンを抑えて、オーストラリアでは堂々の第1位に輝いた。 そこで、今回は「オーストラリアの人気留学都市1位」のブリスベンにスポットを当て、ブリスベン近郊の治安の良い街・悪い街について調べてみた。 ブリスベン近郊の治安の良い街、悪い街…

バーベキューやお弁当のソーセージ選びは豪州のベスト10が参考になる!

オーストラリアの国民食ともいうべき「バーベキュー」は日本でもちょっとしたブームになっている。 食べログの「ニューオープン」コーナーでは2015年に東京都内だけで6店舗もバーベキュー専門店がオープンしているほか、都心で世界8地域のBBQを楽しめる「REALBBQ PARK」が4月1日~26日にかけて、東京都内に5店舗を続々とオープンさせるなど、続々とBBQレストランが誕生している。

独身男性は必見!お笑い芸人はなぜモテる?の答えを豪州の心理学者が解明

初めてのデートをユーモアセンスのない人と行くことほどつまらないことはありません――。 オーストラリアの出会い系サイト「EliteSingles.com.au」はこのほど、オーストラリア国内の中で「最もユーモアセンスのある独身者が多く住む都市」についての研究発表を行った。 この調査は、同デートサイトに登録している6万6,481人の人に調査を行なったもので、「私は頻繁に他人を笑わせることができます」というアンケートに答えた人の数を都市別に測ったもの。…

最も手軽なスーパーフードはチョコレートだと南オーストラリア大学が証明

近年、日本の美容業界でも注目を集めている「スーパーフード」。 スーパーフードとは、主に人間の体内では作り出せない「必須栄養素」を含む抗酸化力のある自然食品のことを指す。 栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。 一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。 ー…

豪ドミノピザが世界初の宅配ロボを公開。エイプリルフール向けのネタ?いや、マジです(笑)

豪ドミノピザはこのほど、世界初となる業務用宅配ロボットを公開した。 当初エイプリル・フール向けのギャグと思われたが、豪ドミノ・ピザ側はいたって本気のようだ。 第一号ロボット「DRU (Domino’s Robotic Unit)」は今後6か月以内にブリスベン郊外の支店に”勤務”させる予定だという。 DRUは完全な自動運転ロボットで、最高時速約20キロで運行するという。

いじめの被害者にも加害者にもならないための教え方をシドニーの少年のケースから学ぼう

その多くが「自殺」というショッキングな結末として報じられることから、国際的に比較しても深刻だと言われる日本の「いじめ」。 しかし、実際のところ「世界のいじめ」はもっと深刻だ。 ユニセフの調べでは、世界の13歳から15歳の3人に1人以上が日常的にいじめに遭っている。 アメリカでは7分に1人の割合でいじめが発生しており、毎年16万人がいじめによって不登校となっている。 そしてそのストレスは時に、銃乱射による大量殺人事件として最悪の結末を迎えることさえある。…

非通知着信拒否ができないオーストラリアのキャリアでiPhoneを非通知着信拒否設定するには?

まずは以下の写真を見ていただきたい。 これは最近の筆者の着信履歴だが、平日の2日に1回非通知着信が来ている。 これがもう3か月ほど続いている。 何度か電話に出てしまったことが運の尽きだった。 とりあえずセールの電話だったので、英語が分からないふりをして会話を遮ったのだが、それからほぼ毎日のように電話をかけてくる。…
error: Content is protected !!