Select Australia
海外在住者や駐在員家族、海外移住予定者向けのライフハックブログです。オーストラリア発ですが海外在住の日本人に役立つ情報を更新中!

一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

【概要】
本記事は海外在住者が一時帰国時に日本で使用するスマホ用のSIMカードでお悩みの方に、どのSIMが最適かを比較検討した記事です。
おすすめのSIMを一時帰国の期間(1ヶ月未満、1ヶ月以上)に分けて、最も有効なSIMカードを調べてみました。

結論から言えば、訪日外国人用のプリペイドSIMを空港で買うのはデータ容量も少なく、高額なのでなのでやめましょう。
日本人の場合は、海外居住国からでも申し込みが可能で、日本の空港到着後にすぐ申込&使えるLINEMO(ラインモ)0 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方もしくは、楽天モバイル0 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方がベストと言えるでしょう。
ただし、これはソフトバンク派、楽天派によって分かれるのと、期間によって使い方も違ってくるので、以下の記事を参考にしてもらえればと思います。

コロナのパンデミックによって、しばらく日本に一時帰国できなかったという人も多いかと思いますが、オーストラリアや米国など世界各国では、感染者減少の傾向を受け、国境解放の傾向が見られます。

隔離の条件や期間についても2021年11月以降、かなり緩和されてきたため、日本に一時帰国する人も増加中です。
また、ビジネスや留学で海外に長期滞在している人は、コロナで隔たれた一時帰国からも開放されつつあります。

そんな中、日本ではコロナ禍の2020年に携帯電話料金の値下げが各社で巻き起こりました。

中には、海外在住の方が一時帰国で利用する際のSIMカードにおいても料金の改定や新たなサービスが生まれていますが、2022年のゴールデンウイークまで一時帰国が叶わなかったという人は多いのではないでしょうか。

そこで、ほんとうに一時帰国者にとって一番お得なSIMについて、探ってみたいと思います。

一時帰国者の行動特性として1ヶ月以内の短期と半年以内の中長期に分けられるので、期間別でおすすめのSIMカードを紹介します。

一昔前までは、海外ローミングによって法外な通信費を支払うことを恐れ、携帯電話を持ち込まず、日本で携帯電話をレンタルする人も多かったようです。

が、それでは、自身のスマートフォンに入っているアプリを使えないためとても不便ですよね。

近年はiPhoneやAndroidの普及に伴い、

「訪日外国人向けのプリペイドSIM」の種類も増えました

そのおかげもあって、最近は一時帰国の期間だけプリペイドのSIMに取り換えて端末本体をそのまま使う人が多いそうです。

さて、訪日外国人向けのプリペイドSIMカードは、主に空港で購入するケース多いのですが、

空港で購入するとなると、実はかなり割高で、頻繁にSNSで叩かれていますね↓。

なので、まずは空港では買わない!を念頭にしましょう。

また、成田国際空港などの国際空港では販売店が点在しているため、プランの比較が難しく、じっくり選ぶのが大変ですよね。

実際、空港でプリペイドSIMを購入したものの、翌日、ヨドバシカメラなどの家電量販店でよりお得で容量の大きいSIMカードを見つけた!というのはよく聞く話です。

そこで今回は、「海外在住者が、SIMフリーのスマホを日本に持ち込む」という体で、

そんな人たちにオススメのSIMプランを紹介します。

結論的にオススメとなるLINEMOまたは楽天モバイルをお考えの方は、こちらの記事に飛んでください。

数日〜1ヶ月未満の一時帰国でおすすめのSIM

数日から〜1ヶ月未満の滞在の場合は従来通りの訪日外国人用のSIMカードで十分という人も多いかと思います。
観光目的の人が多いため、利用期間も数日間から15日程度までのものが主流です。

ただ、訪日外国人用のプリペイドSIMは先述の通り、めちゃくちゃ割高です!

Mayumi Japan SIM 4G LTE 7日間

q? encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07CZDVJT2&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format= SL250 &tag=mideax01 22 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

まず、7日間で500MGBというデータ容量はありえないですね。。。
おそらく数日で使い切るのではないでしょうか?
30日で5GBというのも現実的ではありません。。。。
しかも、高いです。
30日なら、20GBはほしいところです。

【主なSIMプラン】

●プラン名
・500MB:通信可能期間7日間
・5GB:通信可能期間30日
●料金
500M:1980円
5GB:3580円
●購入リンク

パロットビーク株式会社 プリペイドsim 日本 10GB 15日 ソフトバンク プリペイドsimカード

q? encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07L59B7LK&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format= SL250 &tag=mideax01 22 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

ソフトバンク4GLTEに対応のSIMカード。365日、24時間のカスタマーサポート対応で日本語、英語、中国語の3ヶ国語に対応しているので、外国人には良さそう。

ソフトバンクなので安心ではあります。15日で10GBならまぁ平均的なところでしょうか、しかし、やはり高い。。。

【主なSIMプラン】

●プラン名

・15日間 10GB

●料金(Amazon価格)
・15日間:2,600円(税込)

Nippon SIM

こちらは米国で購入が可能なeSIM版です。
q? encoding=UTF8&ASIN=B09N989733&Format= SL250 &ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=mideax01 22&language=ja JP - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

米国アマゾンは他国にも対応しているので、海外の居住国から購入しておきたい人向け。
30日間で3GBはかなり厳しいですね。
料金も円安の今としてはかなり割高です。
リチャージ必須でしょう。

【主なSIMプラン】

●プラン名
・30日間: 3GB
・14日間: 2GB
●料金
・30日間: USD$29.90
・14日間: USD$29.90
※容量追加も可能
●購入リンク

1ヶ月以上の一時帰国でおすすめのプリペイドSIM

1ヶ月以上の一時帰国となると、長期の一時帰国となります。

そうなると、プリペイドSIMではデータ容量的にちょっとしんどい

そもそも訪日外国人観光客用のSIMカードは割高ということもあり、大手キャリアが出している格安SIMを契約するのがお得です。

現在は契約期間の縛りがないサービスが主流になってきており、中でも、楽天モバイルとLINEMOがいずれも海外に戻った時でも利用可能なのでオススメです。

楽天モバイル

rakuten mobile - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方
出典:楽天モバイル0 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方公式HP

もはや海外在住者や一時帰国者の間でも話題となっている楽天モバイル0 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

なにせ、実質2022年10月31日まで維持費ゼロ、3GBまで月額980円でかつデータ使用無制限(要するに、使いたい放題)で2980円です。
Rakuten Linkアプリを使うと国内の通話・メッセージが無料で利用できるので、完全無料で使いこなすことも可能。

1GBまで0円というサービスが終了し、一時紛糾した楽天モバイル0 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方ですが、実際1GBで収まる人などいませんし、2年縛りもないわけですから、実質最安値と言えます。

楽天モバイルについては詳しく、こちらの記事で解説してるのでご参照ください。

【プランデータ】

●プラン名
UN-LIMIT Ⅶ
●料金

データ通信量月額(税込)
1GBまで0円(2022年6月30日まで)
3GBまで1,078円
20GBまで2,178円
20GB〜(無制限) 3,278円

●購入リンク

bgt?aid=211125319193&wid=002&eno=01&mid=s00000015198001007000&mc=1 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

0 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

 

LINEMO

LINEMO - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方
出典:LINEMO0 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方公式HP

ソフトバンクループで最安値のSIMとしてオススメなのがLINEMO0 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

契約期間の縛りがない、海外でも利用が可能という点では楽天モバイルと同等のお得感があるLINEMO。

その最大の特徴はなんといってもソフトバンク・グループだけあって、PayPayポイントを最大6ヵ月間プレゼントしてくれる点です。

また、通信速度では楽天モバイルを圧倒しています(下記比較表を参照)

これにより3GBまでのミニプランなら実質半年間無料となります。

また、通常のミニプランは月額3GBで990円と楽天モバイルよりも安いのもうれしいですね!

プランは3GBプランと20GBプランの2つで、容量がオーバーした場合も追加料金は必要ではなく、ネット速度の鈍化となります。

なので、LINEMOに向いているのは、あまり容量を使わない人向けとなるでしょう。

正直20GBあれば日常生活は問題ないが、3GBだとやはり苦しいので、3GBのミニプランは、親が管理できる子ども用がオススメと言えます。

【プランデータ】

●プラン名
ミニプラン(3GB)、スマホプラン(20GB)
●料金

データ通信量月額(税込)
3GBまで990円
20GBまで2,728円

●購入リンク

bgt?aid=220607156679&wid=002&eno=01&mid=s00000022027001020000&mc=1 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

0 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

 

LINEMO vs 楽天モバイル 特徴の早見表

このように、楽天モバイルとLINEMOは、楽天派かソフトバンク派かによって好みが2分するところです。

そこで、わかりやすい比較表を作ったので、そちらを参考にしてみてください。


bgt?aid=220607156679&wid=002&eno=01&mid=s00000022027001008000&mc=1 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

0 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

bgt?aid=211125319193&wid=002&eno=01&mid=s00000015198001009000&mc=1 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

0 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方
料金プラン(税込)〜3GB:990円
〜20GB:2,728円
※LINEギガフリーなのでLINEをがんがん使う人はあまりデータ容量を使わなくて済みます
~3GB:1,078円
〜20GB:2,178円
20GB〜無制限:3,278円
通信速度

下り:68.89Mbps
上り:16.33Mbps


※データ容量を使い切っても速度制限後でも最大1Mbpsが出るので、普通に使うことができる!

下り:38.26Mbps
上り:20.83Mbps
音声通話LINE通話かけ放題:データ消費なしでビデオ通話やスタンプ送信なども無制限に利用できる
Rakuten Linkなら国内通話かけ放題(1回10〜15分)
スマホ最新機種販売スマホ端末の販売なし楽天モバイルでは最新iPhoneの他、オリジナルスマホも豊富
キャンペーン・ミニプラン基本料最大半年間実質無料キャンペーン
・他社から乗り換え(MNP)または新しい電話番号で契約でPayPayポイントが10,000円相当分プレゼント
・LINE MUSIC6カ月無料
・2022年10月31日まで1GBまで実質無料で使える
・他社からの乗り換えで最大楽天ポイント30,000ポイント還元
・楽天市場ポイントが最大5倍
・楽天ペイアプリのお支払い金額20%還元

ほか、楽天会員ならではのキャンペーン・特典多数
eSIM利用可利用可
家族割2022年6月現在なし2022年6月現在なし
海外ローミング
(データ通信)
※新規の場合は5ヵ月間の継続利用が条件。

海外パケットし放題の申し込みが必要。
25MB未満:0円から1,980円/日
25MB以上:2,980円/日
2GBまで通常料金(無料)。
データチャージは1GBあたり550円
オンライン申込の際の必要書類本人の分の申込であればパスポートだけでOK!
※その他日本の運転免許証や国民健康保険などでもOK
パスポートは住民票または日本の公共料金請求書書などの補助書類が必要。
※日本の運転免許証やマイナンバーカードは補助書類は必要なし。
公式HPリンク(ここから購入できます)
bgt?aid=220607156679&wid=002&eno=01&mid=s00000022027001020000&mc=1 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

0 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

bgt?aid=211125319193&wid=002&eno=01&mid=s00000015198001007000&mc=1 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

0 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

 

「nano SIM」の挿入方法とeSIMについて

nanosim pin - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

古いiPhoneを使っている人がよく勘違いするのが、「あれ、SIMを入れるところがないじゃん!!」ということ。
でもご心配なく、ちゃんとSIMを出し入れできる。

本体の左サイド部分に小さな穴があるのが見つけられるだろうか?そこがnano SIMの挿入口だ。

また、iPhone購入時に付属しているSIMをリリースするための差し込みピンも忘れずに持っていこう。

購入したnanoSIMを挿入する方法は以下の動画を参照しよう(iPhone5以上の機種は同様)。

さて、そんなnanoSIMは小指の先程度しかない小ささのため、取り替える際に失くしてしまったという人も多いかと思います。

特に一時帰国で空港に到着した時は、居住国のSIMカードがまだスマホに入っている状態で、空港で買ってSIMを取り替えた後で、取り替えたSIMカードを失くしたという話も聞きます。

そんな時、便利なのがeSIMです。

eSIMは、物理的なSIMカードを必要とせず、ネットで契約すれば、SIMカードの取り替えをせずに利用できるSIMのことです。

5Gのデビューをタイミングに徐々に普及しつつあるeSIMであれば、SIMカードを失くしたなんてこともなくなります。

本記事で紹介しているLINEMOや楽天モバイルも、eSIMを採用しているので、帰国直前の居住国で契約すれば、日本到着直後もスマホの利用で困ることはないでしょう。


bgt?aid=211125319193&wid=002&eno=01&mid=s00000015198001007000&mc=1 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

0 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

bgt?aid=220607156679&wid=002&eno=01&mid=s00000022027001020000&mc=1 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方
0 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方


一時帰国してからプリペイドSIMを使いたい時の買い方

一時帰国の場合には、短期間で使用するSIMがあればいいという人がほとんどだろう。

そういう人は日本国内の主要国際空港にある「テレコムスクエア」を訪れるといいだろう。

そこには訪日外国人向けや一時帰国者向けのSIMカードやポケットWiFi、各種携帯電話などが販売、レンタルされている。

主要国際空港のテレコムスクエアの場所一覧

成田国際空港

成田国際空港第1ターミナル

・4階 出発ロビー 北ウィング
・4階 出発ロビー 南ウィング モバイルセンター成田第1南出発サテライト
・1階 到着ロビー
・地下1階 モバイルセンター成田第一
narita 1 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

成田国際空港第2ターミナル

・3階 出発ロビー
・1階 到着ロビー
・地下1階 モバイルセンター成田第二
narita 2 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

成田国際空港第3ターミナル

・本館 2階 モバイルセンター成田第三

羽田空港

羽田空港国際線旅客ターミナル

・3階 出発ロビー モバイルセンター羽田空港
・3階 出発ロビー ANA手荷物宅配カウンター (予約専用クイックカウンター)
・2階 到着ロビー モバイルセンター羽田空港

中部国際空港

・2階 アクセスプラザ内 モバイルセンター中部国際空港

関西国際空港第1ターミナル

・4階 出発ロビー ビジネスセンター
・4階 出発ロビー 関西エアポートバゲージサービス
・1階 到着ロビー モバイルセンター関西空港中央
・1階 到着ロビー モバイルセンター関西空港南

新千歳空港 国際線旅客ターミナルビル

・2階 到着ロビー モバイルセンター新千歳空港

福岡空港国際線ターミナル

・1階 到着ロビー

高松空港

・1階 到着ロビー高松空港インフォメーションセンター

SIMカードについては分かったけど、ポケットWiFiのレンタルは実際どうなの?

pocket wifi - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

家族やカップルなど複数人で同時にネットを使う場合には、やはりポケットWiFiをレンタルする方が便利と言える。

ポケットWiFiは主に5〜10台のデバイスを同時に接続でき、かつ費用はSIMと同等程度となっている。

1人の場合でもラップトップやタブレットなど複数のデバイスを同時にネット利用する場合は、ポケットWiFiの方が経済的となる。

利用する場合は、5G+大容量のポケットWiFiがオススメだ。

アマゾンなどで購入して実家などに送っておけば、その日から使用できる。また、成田や関空など主要国際空港でレンタルできるものもある。

当サイトでのおすすめは、こちらの記事を参考してみよう。

ただし、自宅(実家など)やホテルだけで使用するのであれば、そのWifiを利用すればいいし、

だいたいiPhoneを使いたいのは概ね外出中なのだから、毎回、ポケットWifiを持ち運ぶのは面倒という人は、

プリペイドSIMカードの方がお手軽と言えるだろう。

ポケットWifi通信速度については一概に比較できないが、「LTE」対応のSIMであれば、都市部ではまず問題ない。

すぐ申し込みたい人はこちらがおすすめ!
※コチラの広告か下段のリンクをクリックして今すぐ申し込もう。

bgt?aid=210310621138&wid=002&eno=01&mid=s00000020187002006000&mc=1 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

0 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方


まとめ:結局、帰国する期間に関係なくLINEMOもしくは楽天モバイルが一番お得!


bgt?aid=211125319193&wid=002&eno=01&mid=s00000015198001007000&mc=1 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

0 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

bgt?aid=220607156679&wid=002&eno=01&mid=s00000022027001020000&mc=1 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方
0 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

さて、ここまでさまざまな角度から、一時帰国におけるSIMカードを紹介してきましたが、当サイトのオススメとしては、LINENOもしくは楽天モバイルということになりました。

その理由を簡単にまとめるとこうなります。

  • ●そもそも1GB以内の利用者は皆無
  • ●データ無制限もしくは20GBまで約3000円 − 20GBあれば通常の大人は、デザリングを軽く含めても十分
  • ●今申込めば4ヶ月(楽天モバイル)〜6ヶ月(LINEMO)間は実質無料に
  • ●楽天モバイルは楽天市場など併用で最大ポイント6倍、LINEMOならPayPayポイント1万円分(新規または乗り換え)
  • ●LINEMOはLINE使いたい放題、楽天モバイルは国内通話が3ヵ月間無料でかけ放題に

    /li>

  • ●海外での利用も月額オプション不要
  • ●契約〜解約もネットで完結
  • ●SIM交換不要のeSIM

詳しくは以下の公式ホームページをよく読んでもらえればと思います。

bgt?aid=220607156679&wid=002&eno=01&mid=s00000022027001020000&mc=1 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

0 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方


bgt?aid=211125319193&wid=002&eno=01&mid=s00000015198001007000&mc=1 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

0 - 一時帰国にオススメ!プリペイドSIM&格安SIMの比較と買い方

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.