海外移住を考えている人向けのライフハック・マガジンです。オーストラリア発の記事がメインですが世界各国の日本人に役立つ情報を更新中!

一時帰国にオススメ!iPhoneプリペイドSIMカード比較【2019年度版】

海外在住者数の増加で一時帰国用プリペイドSIMカードの需要も増加

外務省はこのほど、「海外在留邦人数調査統計」の2018年度10月要約版を発表した。
同統計によれば、海外に在留する邦人(日本人)の総数は、135万1,970人で、前年より1万3,493人増え、統計調査を開始した昭和43年以降過去最多となった。
※オーストラリアは97,223人(前年比5.0%増で世界第3位)

LCCの登場で海外在住者の中でも、日本に一時帰国する回数が増えてきた。 免許やクレジットカード更新、マイナンバーの申請、クリスマスホリデーなどを利用しての長期の家族旅行など、その目的はさまざまだ。

ところで、一時帰国する際に必ず持っていきたいアイテムの1つがスマートフォンだろう。

一昔前までは、海外ローミングによって法外な金額を支払うことになるため、携帯電話は持ち込まず、日本でレンタルする人も多かったが、近年はiPhoneやAndroidの普及に伴い、「訪日外国人向けのプリペイドSIMカード」が増えた。

そのおかげもあって、最近は一時帰国の期間だけプリペイドのSIMカードに取り換えて端末本体をそのまま使う人がほとんどだという。

訪日外国人向けのプリペイドSIMカードは、主に空港で購入する人が多いが、空港で購入するとなると、例えば成田国際空港では販売店が点在しているためプランの比較が難しく、長旅の疲れもあってじっくり選ぶことがしにくい。

その実、後日、ヨドバシカメラなどの家電量販店でいいSIMカードを見つけた!というのはよく聞く話だ。

そこで、「海外在住者が、SIMフリーのiPhoneを日本に持ち込む」という体で、

そんな人たちにオススメのSIMプランを紹介する。

【比較における諸条件】
★日本滞在1か月以内を想定
★SIMフリーのiPhone6以上を対象とします
★料金は2019年1月16日現在のものです。
★購入の際は必ず「動作確認機種」を確かめてください(使用できなくても当サイトは責任持ちませんので)
※SIMカードタイプは3種類あるが、iPhone5以上のユーザーは「nanoSIM」を利用しよう。
※Andoroidでも使用できるプランがほとんどです。

一時帰国でオススメの主要プリペイドSIMカード紹介

ソフトバンク・グローバル・レンタル

一時帰国者に最適。ソフトバンク・グローバル・レンタル
ソフトバンクモバイルの公式ショップという安心感と、通常の電話やSMSも使えるのが嬉しい。空港のソフトバンク・カウンターでレンタルし、返却の際に空港が異なってもOKなのがうれしい。電話もかけられるが、難点はモバイル通信が3Gプランのみなので、LTEプランの登場を待ちたいところ。

【主なSIMプラン】

●プラン名
iPhone/ AndroidSIMプラン
●レンタル料金
110円(税込)/日
●通信料
・音声通話(国内):1分110円
・SMS :送信15円/メッセージ、受信無料
・国際SMS:送信150円/メッセージ、受信無料
・パケット通信(データ通信、ウェブ閲覧、ウェブメール等)の通信料は、1回線あたり1,550円(税込)/日を上限とし、上限に満たない場合は1パケット(128バイト)0.32円の従量課金制
●販売所
空港カウンターおよび同社東京オフィス
全国のカウンターはこちら
注意事項
★iPhoneが、日本の技術適合の認証がなされていることが条件。
★レンタル料、音声通話、SMS、S!メール(MMS)、国際SMS、国際S!メールの各通信料はパケット通信には含まれない。
★テザリング(iPhoneを介してパソコン等の外部機器に接続する通信)を行った場合のパケット通信は、1パケット0.32円で別途課金、上限額の設定はない。
★SIMロックがかかっている携帯電話機は利用不可
★iPhone SIMカードはiPadやその他のタブレットには対応していない。

公式サイト:https://www.softbank-rental.jp/


Japan Travel SIM

プリペイドSIM JAPAN TRAVEL SIM
プリペイドSIM

短期はもちろんのこと、使用期限が3ヶ月もあるので、一時帰国者にはうれしいプリペイドSIMカード。データのリチャージはもちろん、専用アプリを購入すれば電話発信が可能となる優れものだ。

【主なSIMプラン】

●プラン名
・プラン1G:通信可能期間30日
・プラン2.2G:通信可能期間60日
●料金
※iPhone5以上に対応している「nanoSIM」の場合
オープン価格
●販売所
アマゾン
・KIOSK(東京駅、品川駅、新大阪駅、名古屋駅、京都駅など)
・ヨドバシカメラ
・ヤマダ電機
・ビックカメラ
・Joshin
・ファミリーマート
など

51CbS3DLR2L. SL160  - 一時帰国にオススメ!iPhoneプリペイドSIMカード比較【2019年度版】
created by Rinker
IIJ
¥3,200 (2019/12/08 07:47:47時点 Amazon調べ-詳細)

JAPAN PREPAID SIM(JPモバイル)

q? encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B01ASLAAFA&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format= SL250 &tag=mideax01 22 - 一時帰国にオススメ!iPhoneプリペイドSIMカード比較【2019年度版】ir?t=mideax01 22&l=am2&o=9&a=B01ASLAAFA - 一時帰国にオススメ!iPhoneプリペイドSIMカード比較【2019年度版】
訪日外国人旅行者・滞在者に特化した通信サービス事業を展開する「JPモバイル」が販売しているプリペイドSIMカード「JAPAN PREPAID SIM」。DOCOMOの回線を利用しており、4G/LTEとサクサクと通信できるのがうれしい。また、使用期限31日間で4GBと容量も問題なく、データ通信量が4GBを超えても、256kbpsの通信速度で継続して利用できる。

【主なSIMプラン】

●プラン名
・31日間 4GB
・15日間 3.5GB
●料金(Amazon価格)
・31日間:¥2,980(税込)
・15日間:¥2,440(税込)

OCN モバイル ONE【プリペイド】初回SIMパッケージ容量型

q? encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B00L0Y16SA&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format= SL250 &tag=mideax01 22 - 一時帰国にオススメ!iPhoneプリペイドSIMカード比較【2019年度版】ir?t=mideax01 22&l=am2&o=9&a=B00L0Y16SA - 一時帰国にオススメ!iPhoneプリペイドSIMカード比較【2019年度版】
インターネット・プロバイダ大手のOCNが販売しているプリペイドSIM。容量型と期間型があるが、今回は容量型を紹介。アマゾンでは、すぐに発送ができて、評価が高く、求めやすい価格の商品に付けられる「Amazon Choice」にも選ばれている。アマゾンのほか、ヨドバシやブックオフなど一大チェーン店で購入できる。プリペイド以外にもプランは豊富で、インターネット通信に加え、IP電話やSMSを付け足すパッケージもあるのが嬉しい。今回はプリペイド・プランのみを紹介するが、気になる人は、公式サイトで比較してみよう。

【主なSIMプラン】

●プラン名
・期間型 :20日間使用可能、1日50MBまで
・容量型:1GBまで
●料金
※iPhone5以上に対応している「nanoSIM」、アマゾンで購入した場合
・期間型:3,980円
・容量型:3,456円
※容量追加も可能
●販売所
・実店舗:ヨドバシカメラ、ブックオフ、ドスパラ
・オンライン:アマゾンGoo

OCN モバイル ONE プリペイド 1GB (初回SIMパッケージ・容量型)/全SIMサイズ対応マルチカットSIM

Nippon SIM for Japan

Nippon SIM for Japan - 一時帰国にオススメ!iPhoneプリペイドSIMカード比較【2019年度版】

NTTドコモの通信網を使用しているので日本全国幅広い範囲で高速で繋がるSIMカード。LINEやInstagramなど、普段お使いの人気アプリの通信量が無料となる「アプリカウントフリープラン」も用意されているので、SNSをよく利用する人にはうれしい。

 


 

「nano SIM」の挿入方法

iPhone nanoSIMリリースピンiPhone5以上の人がよく勘違いするのが、「あれ、SIMを入れるところがないじゃん!!」ということ。
でもご心配なく、ちゃんとSIMを出し入れできる。

本体の左サイド部分に小さな穴があるのが見つけられるだろうか?そこがnano SIMの挿入口だ。

また、iPhone購入時に付属しているSIMをリリースするための差し込みピンも忘れずに持っていこう。

購入したnanoSIMを挿入する方法は以下の動画を参照しよう(iPhone5以上の機種は同様)。


一時帰国してすぐにSIMカードを使いたい場合はどこで買えばいい?

一時帰国の場合には、短期間で使用するSIMがあればいいという人がほとんどだろう。

そういう人は日本国内の主要国際空港にある「テレコムスクエア」を訪れるといいだろう。

そこには訪日外国人向けや一時帰国者向けのSIMカードやポケットWiFi、各種携帯電話などが販売、レンタルされている。

主要国際空港のテレコムスクエアの場所一覧

成田国際空港

成田国際空港第1ターミナル

・4階 出発ロビー 北ウィング
・4階 出発ロビー 南ウィング モバイルセンター成田第1南出発サテライト
・1階 到着ロビー
・地下1階 モバイルセンター成田第一
モバイルセンター 成田第一

成田国際空港第2ターミナル

・3階 出発ロビー
・1階 到着ロビー
・地下1階 モバイルセンター成田第二
モバイルセンター 成田第二

成田国際空港第3ターミナル

・本館 2階 モバイルセンター成田第三

羽田空港

羽田空港国際線旅客ターミナル

・3階 出発ロビー モバイルセンター羽田空港
・3階 出発ロビー ANA手荷物宅配カウンター (予約専用クイックカウンター)
・2階 到着ロビー モバイルセンター羽田空港

中部国際空港

・2階 アクセスプラザ内 モバイルセンター中部国際空港

関西国際空港第1ターミナル

・4階 出発ロビー ビジネスセンター
・4階 出発ロビー 関西エアポートバゲージサービス
・1階 到着ロビー モバイルセンター関西空港中央
・1階 到着ロビー モバイルセンター関西空港南

新千歳空港 国際線旅客ターミナルビル

・2階 到着ロビー モバイルセンター新千歳空港

福岡空港国際線ターミナル

・1階 到着ロビー

高松空港

・1階 到着ロビー高松空港インフォメーションセンター


SIMカードよりもポケットWiFiの方がいい?

pocket-wifi上記で紹介したSIMの場合はソフトバンクを除いて音声通話はできない。

これは、ドコモなどのキャリアがSIMフリーの端末を受け付けているものの、契約が「2年縛り」のため、結局、キャリアで短期間使用するためのプランが現状、存在しないことを意味している。

とはいっても、友人らと音声通話するなら「Skype」や「LINE」でも十分だと思っている人も多いことだろう(実際その方が安上がりだし)。

では、現地で使っているSIMカードを失くしたら嫌なので、SIMカードは交換せずに使いたい人向けなのが、「ポケットWifi」。

同時に複数台接続できるので、パソコンとスマートフォンを同時に使ったり、家族で一度に使うといった場合には便利だ。

利用する場合は、高速通信ネットワーク(LTE)対応のレンタルWiFiがオススメだ。アマゾンなどで購入して実家などに送っておけば、その日から使用できる。また、成田や関空など主要国際空港でレンタルできるものもある。

※下の画像リンクから購入できます。


↑GloalMeは世界中100数か国と地区にフリーローミングなモバイルWiFiルーター。Cloud SIM技術を採用し、SIMカード不要、当地の環境により最高速のキャリアーのネットワークに接続し、快適にインタネットでき、pocket wifiとして日本国内も海外も超便利!

自宅(実家など)やホテルで使用するのであれば、備え付けのWifiを利用すればいいし、

だいたいiPhoneを使いたいのは概ね外出中なのだから、毎回、ポケットWifiを持ち運ぶのは面倒という人は、

プリペイドSIMカードの方がお手軽と言えるだろう。

ポケットWifi通信速度については一概に比較できないが、「LTE」対応のSIMであれば、都市部ではまず問題ない。


年に複数回一時帰国するなら、SIMカードよりもLINEモバイル?

訪日外国人用のプリペイドSIMカードの便利さは分かったけれど、年に数回一時帰国するので、毎回SIMカードを買うのは面倒!という人には、最近流行りの「格安SIMカード」を使うのがオススメ。
中でもコスパがとびきりいいというのが。LINEモバイル。

LINEモバイルの特長は、なんといっても「LINEアプリの通話・トーク使い放題(カウントフリー)」でありながら、月額利用料が500円(1GB)と格安なところ。

年間でも6000円ということは、年に2回一時帰国する人の場合は、概ねモトが取れると考えることもできる。

また、一時帰国して一番使うアプリと言えば、恐らく、故郷の家族や友人たちと連絡を取り合う「LINE」だろう。

そのLINEが通話を含めて、無制限に使えるのはありがたい。

また、LINEモバイルの公式アカウントサービスによれば、「データ残量の確認できてLINEの友だちにデータをプレゼントできる」ので、例えば、余ったデータを友達に譲っておいて、友達が一時帰国してデータが余れば、またあまりのデータを譲り受けるなんてことも可能になり、無駄を省ける。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.