海外移住を考えている人向けのライフハック・マガジンです。オーストラリア発の記事がメインですが世界各国の日本人に役立つ情報を更新中!

写真うつりが悪い女子が劇的に美人に写るたった3つのコツをプロカメラマン薮田織也さんがテレビで伝授

皆さん、今、スマートフォンが普及したことなどによって、写真を撮る機会がとても増えましたよね?

でも、写真うつりが良い時もあれば写真写りが悪い時もありませんか?

これは本当にありますよね。

実際に街の50人の女性に「写真うつりはいい方ですか悪い方ですか?」と聞いてみたところ

写真うつりが悪い

「悪いと思います!」

「やばい!やばいです!」

「ブサイクになる」

などの回答が多数!

なんと、50人中47人が写真写りが悪い時があると答えたのです。

では写真写りがどうしたら良くなるのでしょうか?

そこで今回は、

写真うつりに関する書籍を多数執筆し、各芸能事務所からもこの人に宣材写真を撮ってもらうとオーディションに合格しやすいと大評判!

プロカメラマンのさん薮田織也さん

がバラエティー番組「この差って何ですか?」で公表していたので、そのコツを紹介します!

この記事の内容を待たずに、薮田織也さんのテクニックをすぐさま学びたい人はこちらを購入しましょう!

薮田さん曰く、

「ほとんどの方が全然ご存知ないんですけれども、写真写りを良くすることは結構簡単なんですよ」

「写真は動画と違って、“一瞬だけ” なんで、その一瞬にある簡単なコツを掴むだけで劇的に良くなります」

そこで今回は、街で聞いて多かった写真うつりに関する3つのお悩みについて検証します。

その3つの悩みとは、

笑顔が不自然になる

太って見える

もっと可愛く自撮りがしたい

ちょっとそんな贅沢な悩みを一発解決することをプロカメラマンの薮田さんに教えてもらいましょう。

写真うつりが悪い女子の悩み① 笑顔が不自然になる

写真写りで笑顔が不自然

まずは笑顔が不自然になる。

こちらの20代の女性。

笑顔が不自然になるというのが悩みだそうで、

「口角が上がらない」

とみなさんもきっとそんな風に思ったことありますよね?

また、

「写真を撮ると思うと、気持ちを作りすぎちゃうので固くなっちゃうみたいな」

など、皆さん悩んでいるようですね。

右の写真うつりがかたい

しかし、あるコツを教えて写真を撮らせてもらうと、確かに自然に口角が上がった自然な笑顔に囲まれたのです溢れたのです

どうしたら自然な笑顔が作れるのか?

写真を撮る時は「チーズ」ではなく「ウィスキー」という

写真写りが悪い人はウィスキーと言ってみよう

よく昔からやっている「はい、チーズ!」っていうのがありますけれども、あれは実は間違いなんですね。

あれは、撮る側が言うんじゃなくて、

撮られる側にある言葉を言ってもらうんです。

ある言葉を言うタイミングに合わせて、シャッターを切ってもらうといい笑顔が撮れます。

では写真を撮られる側が自然な笑顔作れるためにあるある言葉とは何でしょうか?

正解は、「ウイスキー」と言ってもらうことです。

「ウイスキー」と言うと、自然が口角が上がるため、その瞬間にシャッターを切ってもらうことで、自然な笑顔が写真に撮れるのです。

写真写りに関するお悩み、その次は…、

写真うつりが悪い女子の悩み② 太って見える

実は太って見えてしまう写真にはある共通点があるのですがそれは何かわかりますか?

実際に、インスタグラムに80万人のフォロワーを誇る、タレントの平野ノラさんの写真を見てみましょう。

上の写真と下の写真では、確かに下の写真うつりの方が太って見えますよね?

番組内で紹介された、20代の女性も普段写真を撮ると、

写真によっては太ってみえることがあるそうで、、

futottemieru1 - 写真うつりが悪い女子が劇的に美人に写るたった3つのコツをプロカメラマン薮田織也さんがテレビで伝授

「顔もやばいし。膨らんじゃってて」

「もうなんか、やばくないですか?」

「顔もやばいし。体もなんか角度が膨らんじゃってて、最悪な場面です」

他の方もやはり写真によっては太って見える時があるというのです。

実は太って見えてしまう写真には、ある共通点があるのですが、それが何かわかりますか?

正解は、

写真に写った時に自分が太って映って見える人の共通点は、

写真の端に写っている

ということです

プロカメラマンの薮田織也さん曰く、

「スマホの場合ですけれども、

真ん中で映るよりも、左右の隅で移るほうが顔や体が広がって見えるんです」

このような差は、どうして出るんでしょうか

「これはスマホに使われているレンズの性質のせいなんですね。

スマホのレンズに使われているレンズは広角レンズというものが使われているんです。

広角レンズの特性で、画面の端に行くと引き伸ばされてしまうという性質があるんです。

どのくらい広がるかと言うと、今皆さんが使われているスマホですと、中央と端を比べると約20%ほど広がって見えてしまうんです」

実際に広角レンズで風景を撮ると以下のような感じに撮ることができます。

では、どれくらい中央に寄っていれば、太って見えないようになるのでしょうか?

「横幅を10としますと、中央の6の範囲に入っていれば、あまり横幅が伸びたようには見えません。

でも、どうしても端っこになっちゃう人っているじゃないですか?

そういう端っこの人が太って見えないようにするにはどうすればいいんでしょうか?

「その場合は、例えば4人で写真を写す時って並んでしまうじゃないですか。

これを6の範囲に収まるように2列2列に並ぶと良いです」

しかも後ろに立つと小顔にも見えますよね。

写真写りに関するお悩みその次は、

写真うつりが悪い女子の悩み③ もっと可愛く自撮りしたい

写真うつりが悪い人のためのコツ

今、SNSなどにあげる写真を撮るために自撮りをする人も多いと思いますが、

街の皆さんは、

「めっちゃ盛れました(笑)!」

「(目の下の)クマを消してくれたり、美白効果があったり」

など、ほとんどの人がアプリを使って、目を大きくしたり、小顔にしたりと、自分の理想の顔に加工をしています。

加工アプリで写真うつりを良くする人がほとんど

しかし、プロカメラマンの薮田さんから意外な事実が。

「スマホで自撮りをする時なんかに、アプリで加工したりするのも楽しいんですけれども、

実は自撮りには誰でも実物以上に可愛く撮れる黄金の法則があるんです。

実際に自撮りがかわいく撮れないという悩むこちらの20代の女性に、

その黄金の法則で自撮りをしてもらったところ普段の写真と比べて、

こんなに可愛い写真が撮れたのです!

自撮りで美人になる黄金の法則①

目が大きくて、とても可愛いく撮れてますよね!

さて、それでは、誰でも可愛く撮れる自撮りの黄金の法則を大公開!

一体どんな法則なのでしょうか?

ポイントはたった二つだけ

まず一つ目は、

腕を上げる高さを鼻の高さより20度上にして自撮り

自撮りをする時、上の写真のように腕を上げていると思いますが、実は多くの方が、この腕の高さを間違えているのです。

自撮りに慣れてない人っていうのは、カメラのレンズの高さと自分の鼻の高さとを一直線に合わせてしまうのです。

そうして取りますとこんな感じであります

これがどう変わるかも見てください。

まっすぐと同じように構えて、そこから単純に20度ほど腕を上げてください。

それだけで、さきほどのような写真うつりに変わります!

そう、自撮りをする時に、腕を約20度上げるだけで、上目遣いになり、目がぱっちりとした印象になるのです。

ただ、この時、腕と一緒に顎をあげないように注意して下さい!

そして2つ目のポイントはこれです。

腕を上げたら、そのままスマホの角度を斜めにするだけ!

今度は、上の写真のように、20度に上げた腕を斜めに傾けます。

正面で写すのではなくてスマホを斜めに傾けて写すのです。

さきほどの、スマホの画面は端っこにいくほど伸びるという特性を逆手にとって活用するのです。

すると、アゴの部分があまり歪まなくなるので、フェイスラインがシュッとなります。

つまり、実物以上に見せる自撮りの黄金の法則とは、

腕を鼻の高さより20°高く上げ、そして、スマホを傾けて自分の頭を四隅に入れる

これだけで全然違います!

たったこれだけで、普通に撮る自撮りよりもよっぽどいい仕上がりになるのです。

最後に、

写真うつりが悪い女子の悩み③ いつお写りが悪い証明写真をなんとかしたい

証明写真の写りの悪さを解決するコツなんてあるんでしょうか?

証明写真といえば、パスポートにしても免許証にしても上手く写ったことが一度もないですよね?

実際にこちらの女性に免許証の写真を見せてもらうと、

証明写真の写りが悪い

輪郭が二重顎に!

証明写真のうつりを良くしたい

さらに、こちらの女性は、証明写真で目つきがきつく、多くの方が証明写真で悩んでいました。

実は証明写真の写りが悪くなるには意外な理由があったのです!

そもそもどうして映りが悪くなってしまうんでしょうか?

プロカメラマンの薮田織也さん曰く、

「証明写真を撮る時には、アゴを引いてください、というのよく言われると思うんですが、このアゴの引き方が間違っているんですね」

そう、証明写真を撮る時に、よく顎を引いて撮ると思いますが、

実はアゴをを引くと二重顎になりやすく、さらに、上目遣いになって、

目線がきつくなってしまうのです。

写真うつりを劇的に良くするコツ

では、証明写真の写りを良くするにはどうすればいいのでしょうか?

それは、

アゴを引くのではなく、実はアゴを前に出す

証明写真のうつりを良くするには

そう、証明写真の写りを良くするには、このようにアゴを約5センチほど前に出すのがいいんです!

なぜかというと、動画とは違って写真の場合には、

カメラから直接その方向しか映らないわけですから、

アゴを前に出すことによって、アゴの周りの肉が引っ張られて、

普通にやれば二重顎になる人も前に出すことによって筋肉が引っ張られて二重顎にはならないんです。

実際にこの女性がアゴを前に出して証明写真を撮り直したところ、

証明写真のうつりをよくするためのコツ

この通り二重顎がなくなり自然な印象になったのです。

いかがでしたか?

意外と簡単ですよね? 誰でもできるこのコツを駆使すれば、SNSだけじゃなく、就職活動にも効果があると思いますので、

ぜひ活用してみては?

プロカメラマン・薮田織也さんの本は以下から購入できます!

Kindle版なので、いつでもスマホで読めるので、スマホに一冊入れておくと撮影で困る時も少なくなります!

また、薮田織也さんのカメラ術を伝授してくれる著書はこちら!

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.