海外移住を考えている人向けのライフハック・マガジンです。オーストラリア発の記事がメインですが世界各国の日本人に役立つ情報を更新中!

一時帰国で親戚たちと一緒に遊べる!『ガキ使』で紹介された世界のボードゲーム最新版

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の人気コーナー「世界のテーブルゲームを遊び尽くせ!」が2019年6月30日、7月7日の2週にわたって放送された。 海外在住の人の中には、あー、これで遊んだことがある!という物もあったはず。 家族で一時帰国した際、子どもたちが親戚の子どもと遊ぶこともあるが、共通した趣味や遊びがないとなかなか仲良く遊べなかったりするものだ。…

LINEモバイルは一時帰国の格安SIMに断然オススメ!プリペイドSIMと比較してみた

海外在住者が日本に一時帰国する際の必需品には、個々の状況によっていろいろとあるだろうが、 スマートフォンはクレジットカードや国際運転免許証などと並び、必需品リストの中では常に上位に入るものと言える。 一時帰国する人が日本国内でスマートフォンを利用する場合、その用途は主に3パターンに分かれる。

ジェットスター国際線のセールの裏技!セール時期は片道ずつ予約すると爆安に!?

格安航空会社(LCC)のジェットスターを利用して海外旅行をしようとした時、セールが出ているとうれしいが、そのセールの時期がいつなのか分かりづらいので困ったことはないだろうか? また、セールの期間が2~3日と短すぎて、航空券を予約するべきかどうかで悩んでいる間に、希望日のチケットが売り切れたりすることもある。…

海外から日本のテレビ番組を月額無料で見る方法は「UBOX」が一番お得!

インターネットが普及し、2019年内には世界各地で「第5世代移動通信システム(5G)」がスタートする。 このようにネットの通信速度が少し昔に比べ、格段に速くなったことに伴い、動画の視聴率も急速に上がっている。 そんな中、海外在住の日本人からの要望が高いのが、「海外で日本のテレビ番組をどうやって見るか」ということ。

ゴールドコーストの治安の良い街・悪い街を移住前にチェック!

ゴールドコーストはオーストラリア屈指の観光地として、全豪各地はもとより海外からも多くの観光客が訪れる。 日本人観光客や留学生、ワーキングホリデーメーカーらも多く訪れ、日本人の長期滞在者は永住者を含めると1万人超とも言われている。 そんな日本人が多く住むゴールドコーストだが、やはり観光地とあって、金銭目的の犯罪や若者による犯罪が多く発生している。 そこで、今回はオーストラリアを代表する観光都市・ゴールドコーストの治安の悪い街・治安の良い街を、…

海外在住者のお土産にオススメ!日本のスマート文具・文房具が外国で大人気

日本の文房具が世界で人気! オーストラリアではハイスクールに上がると、BYOD (bring your own device) やBYOT (bring your own technology)といって、生徒自身のラップトップやタブレットが必須アイテムとなる。 そんな年頃のお子さんをお持ちの親御さんが喜ぶ日本のお土産で今人気なのが「文房具」。

ムービーワールドほか、ゴールドコースト観光で外せない最新アトラクションとメンテナンス情報

2019年のゴールデンウィーク(GW)は平成最後かつ改元最初のGWとあって旅行業が活況だ。 新元号へと変わる5月1日は「新天皇即位日」として今年限りの祝日となり、今年のGWは最大10連休。 そのため昨年より、ヨーロッパやオセアニアといった長距離の大型旅行商品が売れに売れている。…

海外在住者が日本のiPhone/iPadアプリをダウンロードする方法

海外在住者は日本のアプリがダウンロードできない? 海外在住者でも日本のアプリを使いたいと思う人は多いことだろう。 例えば、子どもに漢字の勉強をさせたいと考えている親御さんに人気の「ゆびドリル」は、総ダウンロード数46万以上という人気の漢字学習アプリで、海外在住の子どもたちにも日本語の勉強に役立ててもらいたいところ。 しかしながら、こうした日本発の有料アプリや一部のアプリが海外からはダウンロードできない場合がある。

大学進学率世界1位!オーストラリアの進学校トップ5はどこ? 州別トップ校ランキング最新版

大学進学率世界トップクラスの国・オーストラリアの留学生受け入れ事情 近年、大学進学率の高さにおいて世界トップレベルを維持しているオーストラリア。 UNESCOの統計によれば、オーストラリアの大学進学率は122%で世界2位とトップクラスを維持している。100%を超えるのは、“適齢年齢以外の入学者や海外からの留学生も含む”ためだ。

オーストラリアの不動産で事故物件を探すのに役立つ「大島てる」とは?

経済・金融情報の大手通信社ブルームバーグが9月に発表した「豪州の住宅価格11ヶ月連続下落」のニュースは不動産投資家たちにとって非常にショックなニュースだった。 特に、シドニー、メルボルンでの住宅価格の下落については、今もなお、歯止めが効かない状況のようで、2018年9月30日現在でも3~6%の下げ幅という状況だ。
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.